12月14日(日)あざみ野アートワゴンvol.5「アート・メープルかれん」開催します!

アート・メープルかれんは、横浜市大倉山の駅近くにある
障がいのある方が通う生活介護事業所です。
絵画、手織り、紙すきなどの制作活動、ギャラリーの運営を行っています。
アート・メープルかれん アート・メープルかれん
アート・メープルかれん アート・メープルかれん
個性あふれるメンバーの生み出すウィットでポップなグッズ、
刺繍小物、0号絵画を販売します。
アート・メープルかれん

*** アート・メープルかれん ***
社会福祉法人かれん 生活介護事業所アート・メープルかれん
 アートかれん 〒222-0037 横浜市港北区大倉山1丁目11-4 tel/fax 045-543-3577
 メープルかれん〒222-0032 横浜市港北区大豆戸町8 2F tel/fax 045-546-1757

アート・メープルかれん アート・メープルかれん


アートワゴンVol.4
アート・メープルかれん
日時 2014年12月14日(日) 10:00~16:00頃
場所 アートフォーラムあざみ野 1階 エントランスロビー

※商品の売れ行きによっては、閉店時間より早めにお店を閉めさせていただく場合がございます。

あざみ野カレッジ「ヨガで体感! 北斎漫画!」を開催しました。

11月15日、あざみ野カレッジ「ヨガで体感! 北斎漫画!」を開催しました。

日本のみならず、国外でも高い評価を得ている絵師・葛飾北斎。
その代表作のひとつ・北斎漫画の世界を、
レクチャーと、北斎漫画から生まれた北斎ヨガ体験、
2部構成で味わうのが今回の講座の特色です。

 
「漫画」と付きますが、北斎漫画は今で言う「マンガ」とは別物。
然とかれた」ため命名された、いわば葛飾北斎によるスケッチ集です。
また北斎ヨガは、その中の一片から着想を得て、
今回の講師で、コンテンポラリーダンサーのオカザキ恭和(やすか)さんが考案したもの。
なお北斎ヨガは、本講座が横浜初開催です。

今回の講師で、北斎ヨガを考案したオカザキ恭和さん

講座の前半はそのオカザキさんによる北斎ヨガ体験。
ウォーミング・アップでからだをほぐした後、さっそく北斎ヨガに挑戦です。
最初に取り組んだのはこのポーズを使ったエクササイズ。
画像提供:墨田区

ちなみにオカザキさんいわく、
「いきなりこれと同じポーズをしようとすると、からだを痛めてしまう」とのこと。
このポーズに至るまで、オカザキさんの穏やかな掛け声と、
デモンストレーションにしたがい、徐々にポーズに近づいていきます。
(冒頭の写真もそのプロセスからの一場面)

この後も次々と映しだされる北斎漫画の一片。
その絵を見ながら北斎ヨガは進んでいきます。
呼吸を整えながら、手順を踏んでゆっくりからだを動かしていると、
次第にからだも温まり、また気持ちもリラックスしていくのが感じられました。


その他にもこんなポーズや、


こんな難易度(!)のものも。

参加者の中には、ヨガ初体験の方もいましたが、
北斎ヨガは誰でも取り組みやすく、
また北斎漫画の絵自体のおもしろさにも触れることができました。
オカザキさんによる北斎ヨガ体験は随時開催されていますので、
「ぜひ体験してみたい!」という方は、
北斎ヨガ公式ホームページで最新情報をチェックしてみてください

北斎ヨガ公式ホームページはコチラ

 
******
 

さて、場面は変わって後半のレクチャー。
お話しいただくのは、学芸員の五味和之さんです。
葛飾北斎が長く生活を送った東京・墨田区に2016年度(予定)に開館する、
すみだ北斎美術館の準備にも携わっています。

レクチャーでは葛飾北斎の生涯を振り返りながら、
北斎漫画が生まれた経緯を解説。
発刊当時全国各地にも弟子を抱えていた北斎が、
自身が地方に出向かなくても弟子に学んでもらえるよう、
絵手本、いわば絵の教科書として制作・発行されました。
当初1巻で完結するはずでしたが、評判を呼び
最終的には計15巻のシリーズが発行されたそうです。


それだけ巻を重ねると絵の題材もバラエティに富み、
人々の何気ない暮らしのほか、景色や動物、妖怪が描かれることも。
ちなみに前半の北斎ヨガで体験した最初のポーズは、
宴会芸のようすを描いたもの。
写真のない時代に、身の回りの些細なものごとを絵に描きとめた北斎漫画は、
葛飾北斎の優れた観察眼と画力がふんだん詰まった作品といえそうですね。

《こぼれ話》
 class=
後半でお話しいただいた五味さんの語り口は、落語でもよく聞かれる江戸言葉(東京の方言のひとつ)。ご出身をたずねたらやはり東京下町だそうで、こうした講演では「「ひ」と「し」の発音に注意して話している」とのこと。江戸の絵師・葛飾北斎のレクチャーを、江戸のご当地言葉で聴けるとは、なんとも「粋(いき)」なものではありませんか?

***
さて次回のあざみ野カレッジは12月20日(土)、私たちの身近な場所でのアートを考える
「クリーニング店に出現したアート」を開催。
2人のアーティストを招き、それぞれがまちなかで制作した作品について語っていただきます。
詳細・お申込みはコチラ

クリスマスジュニアコーラスレポート!

クリスマスジュニアコーラスの練習、早くも5回目を迎えました。
みんな仲良くなって、練習が始まる前は楽しげにおしゃべりしていますが、
練習がはじまると、真剣な顔つきで取り組みます。

chorus2014_2_1
今回は《白雪姫》の練習、真っ最中。
この曲では、子どもたちが“白雪姫”“王子”“小人”“動物”の4つのパートに分かれ、
歌とセリフで白雪姫の物語を進めていきます。
歌の練習もさることながら、セリフの練習も一生懸命です。
お客さんにしっかりお話が伝わるように、
大きくはっきりした声で発声することを心がけながら、がんばっています。

chorus2014_2_2
ハンドベルの練習も大詰めです。
本番では楽譜をみないで演奏するので、一生懸命覚えています。
お家で練習する子も大勢いて、ずいぶん上達してきました。
周りの人と息を合わせて、綺麗な音色を出せるように、がんばれみんな!

chorus2014_2_3
ハンドベルの練習以外の子は、ピアノの周りにあつまって、クリスマスメドレーの練習。
元気よく、きれいな声で歌う子どもたち。
笑顔で、楽しそうに歌う姿を見ていると、早くも本番が楽しみになってきました。

子どもたちの練習の成果は
12/23(火・祝)12:00~12:40エントラスロビーにて、お披露目です!
皆さまのご来場をお待ちしております。
いままでジュニアコーラスに参加してくれた卒業生のみんなも、ぜひきてくださいね。

あざみ野フォト・アニュアル(石川直樹展+コレクション展)開催します!

横浜wo発掘suru vol.5「山口勝弘展-水の変容」も先日ご好評のうちに幕を閉じ、次回の展覧会のご案内です。

年明け2015年1月31日~2月22日、毎度おなじみ「あざみ野フォト・アニュアル」を開催します。
「あざみ野フォト・アニュアル」は、1階展示室で現代の写真表現を紹介する企画展、2階展示室で横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展という、二つの展覧会を同時開催し、幅広い視点から写真文化にふれていただける機会として毎年恒例となっています。

今年度の企画展は、写真家・石川直樹さんの個展「石川直樹 NEW MAP-世界を見に行く」を開催します。エベレストなどのヒマラヤの高峰や、北極・南極の極地をはじめ、類まれな行動力で世界を縦横無尽に旅し、写真におさめてきた石川さんの作品をたっぷりご紹介する展示となります!

ここはヒマラヤ?

2014年2月。ここはヒマラヤ?


石川さんが打合せのために最初にあざみ野に来館したのが今年の2月。昨年度フォト・アニュアルの開催中で、ちょうど大雪が降った頃でした。上の写真、写っているのが石川さんだと、何だかあざみ野に見えないような・・・。

ishikawa2 ishikawa3
こちらはつい先日、山口勝弘展の開催中。展示プランを考えるため、あらためて会場を見渡す石川さん。会場を見て、いろいろとアイディアが浮かんできたご様子でした。どんな展示になるのか、楽しみです!

そして、こちらはおまけ。
昨年秋に開催したスーパーピュア展をご覧いただいた方にはおなじみ、滋賀県のやまなみ工房さんによる作品を石川さんにプレゼント。たくさんの正己地蔵と菜穂子地蔵を並べ、えらぶ眼が超真剣! 右端の正己地蔵(山際正己さん作)をお持ち帰りいただきました。こんなふうに、展覧会を超えてつながりができるのはうれしいですね。

ishikawa4

正己地蔵

正己地蔵

毎年テーマを変えてお送りしている同時開催の横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展は、今回は石川さんにちなみ、旅がテーマになる予定。二つあわせてお楽しみに!

あざみ野フォト・アニュアル
「石川直樹 NEW MAP-世界を見に行く」+「平成26年度横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展」

2015年1月31日(土)~2月22日(日)
会期中無休
入場無料

12月7日(日)あざみ野マルシェ 出店団体のご紹介

あざみ野マルシェ あざみ野マルシェ

無農薬栽培野菜やこだわりの素材を使った手作り菓子など、体にやさしい食べ物を集めた
一日限定の市場(マルシェ)です。
12月7日(日)10:00オープンします。
出店する皆さんのメッセージをご紹介いたします。(順不同)


ショコラボ

センター南にある手作りチョコレート工房です。
障がい者と健常者、プロの指導を受けて作り出すスイーツをぜひお試しください。

HP: http://chocolabo.or.jp/

  


トミーヤミー

卵アレルギーや、乳製品を控えている方にも安心してお召し上がりいただけるアレルギー対応の
焼き菓子を販売しています。(一部卵・乳製品を使った商品を扱う場合があります)
「ばななぶれっど」と「きなこボール」が人気の看板商品です。
地元の食材を使った焼き菓子もご用意しています。

 


日総ぴゅあ

横浜ブレンドのハーブ&ティ「ぴゅあたいむ」

横浜で一つ一つ丁寧に作り上げたハーブ&ティです。ハーブと紅茶のブレンドティなので、
どなたでも飲みやすくなっています。
当日は試飲を行いますので皆様ぜひお立ち寄り、おいしいハーブ&ティで素敵な時間を
お過ごしください。

HP: http://www.nisso-pure.co.jp/

日総ぴゅあ


つづき地域活動ホームくさぶえ

つづき地域活動ホームくさぶえは、障がい児・者とそのご家族を対象に、相談支援事業をはじめ
生活支援事業・日中活動支援事業などを通して、地域での生活全般を支援していく施設です。
平日デイサービスの中で、製菓作業や「さをり織り」で手作りした製品を販売しています。
お菓子の種類はパウンドケーキやクッキー、マフィン、クグロフ、ダックワーズ等約20種類あり、
さをり織りは「ペンケース」「三角ポーチ」「コロコロポーチ」「コースター」等の製品があり
それぞれご好評を頂いております。

 


地域活動支援センター セサミ香房

横浜市港北区の地域で20数年、精神障がい者の地域作業所(現 地域活動支援センター)として
「自主製品」焼き菓子づくりに取り組んできました。
地域の中で共に「自然体」で暮らしたいと願い、からだにやさしい安心・安全なお菓子をお届け
しています。手工芸(裂き織、編み物)制作もしています。焼き菓子は、なるべく国産の原材料
を使用し、甘さ控えめで飽きのこない味です。
20数名の登録メンバーで毎日心を込めて作っています。
ささやかに、シンプルに、ゆっくりと、着実に・・・
Small、Simple、Slow、Steady、この4つのSを大切にしながら活動しています。


陽だまり

横浜市緑区北八朔町の山の中で、メンバー14名と職員3名にて、パン・お菓子づくりを主な作業
として毎日活動しています。厳選した素材を使用し、心をこめてパンづくりに励んでいます。
ぜひお召し上がり下さいませ。

 


はぐるま工房

はぐるま工房です。川崎市宮前区で、知的障がい者の方々が無農薬で野菜を育てています。
かたちはふぞろいですが、畑でゆっくり育ったおいしい野菜をおためしください。
ハーブ園で育てているフレッシュハーブティーもお勧めです。

はぐるま工房 はぐるま工房 はぐるま工房


わーくはうす・ひこばえ

はじめまして! わーくはうす・ひこばえです。
わたしたちは川崎市で、パン・農作物・工芸雑貨品の手作りと販売を中心に活動しています。
パン菓子は国産小麦、農作物は無農薬栽培にこだわり、質の良い製品を皆様へお届けしたい
と考えています!

HP: http://seikatsukobo.or.jp/05_house/

 


社会福祉法人開く会 共働舎

共働舎・はたらき本舗は「いい商品を作る。」そこにこだわり日々仕事に取り組んでいます。
さながら「職人」のようにこだわりを持ちたいと思い、「パン・菓子」を焼き、「花や小麦」
を育て、「使いやすい陶器」を作っていくことを目指しています。
パン・焼菓子・陶器を数多く取り揃えますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

HP: http://www.hirakukaicp.or.jp/kyodo/

 


今回のマルシェは、「障害者週間」※に合わせての開催です。
“アート”も“食”も、みなさん一緒に同じように、感じて食べて楽しみましょう!
当日は、3階アトリエにて大人気イベント「親子のフリーゾーン」もございます。
皆様お誘いあわせてぜひお出かけ下さい。お越しをお待ちしております!

※「障害者週間」=12月3日から12月9日までの1週間(国際障害者デーであり、また障害者基本法の公布日でもある12月3日
 を起点とし、障害者の日である12月9日までの1週間)

 内閣府web site>>>障害者週間とは


あざみ野マルシェ
日時 12月7日(日) 10:00~16:00頃
場所 アートフォーラムあざみ野 1階 エントランスロビー
https://artazamino.jp/series/azamino-marche-artwagon/


さらに次回のマルシェでは・・・・・・・・・・

2014年12月7日(日)「新鮮野菜のプチ市場」同時開催!
   横浜で育った新鮮な野菜が並ぶ「横浜ベジフルレディ」※ のプチ市場です。
   どんな種類の野菜が並ぶかは、当日のお楽しみ。旬を感じることまちがいなし!

11:00~14:00(売切れ次第終了)
アートフォーラムあざみ野1階エントランスロビー

・・・・・・・・・・「新鮮野菜のプチ市場」お問合せ:045-910-5700(男女共同参画センター横浜北)
※「横浜ベジフルレディ」はJA横浜の女性農業者講座から生まれたグループです

「パープルアートカフェ」開催しました。

平成26(2014)年11月5日(水)10:00~12:30
アートフォーラムあざみ野3F生活工房にて、「パープルアートカフェ」を開催しました。

**********

今回は「パープルリボン」にちなんで、赤紫色の染料(コチニール)を用い、
ストール・ミニトートバッグ・マルチクロスを染める染色のワークショップを行いました。
講師から作業工程の説明を受けた後、見本作品を参考にしながらビー玉・輪ゴム・割りばし等を使って、思い思いに自由に想像しながら“絞り”で柄をつけていきます。
パープルアートカフェ
箸でかき混ぜながら約60℃の染色液に20分程漬け込みます。
一旦ぬるま湯で洗い、発色を良くするため、
約80℃のみょうばん液に20分程かき混ぜながら浸します。
そしてより濃く染まるように、再び始めの染色液に約20分浸し、最後、水洗いします。
(本来は、染色液に漬けた後2回とも、冷めるまで置きます。)
パープルアートカフェ
2度目の染めの作業の間、男女共同参画センター横浜北 事業課長より、この「パープルアートカフェ」と「パープルリボン」、「パープルライトアップ」等について、
そして、誰もが尊重され、安心できる社会をめざそう、
女性に対する暴力をなくそうという運動についてのお話を伺いました。
パープルアートカフェ
「パープルリボン」を想い、素材を赤紫色に染め上げるワークショップ。
みなさん鮮やかな赤紫色のステキな作品が完成しました。
ご参加下さった皆様、どうもありがとうございました。

主催:アートフォーラムあざみ野
(男女共同参画センター横浜北・横浜市民ギャラリーあざみ野)
フォーラムあざみ野スタッフ日記>>>

**********

1F交流ラウンジでは、11月3日(月・祝)~16日(日)
“パープルリボンウィーク”として、関連図書や写真の展示も開催しています。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。


パープルリボンとは・・・・・・・・・・
   「女性に対する暴力防止運動」※のシンボルマークです。
   日本だけでなく、世界中でこのリボンは暴力や虐待から女性や子どもを守るために使われています。
   パープルアートカフェは、この「女性に対する暴力防止運動期間」※に合わせ開催しました。

・・・・・・・・・・内閣府web site>>>女性に対する暴力の根絶
※「女性に対する暴力をなくす運動」=毎年11月12日から11月25日(女性に対する暴力撤廃国際日)までの2週間

11月9日(日)あざみ野アートワゴンvol.4「アトリエ木の実」開催報告!

秋も深まる11月9日(日)、2014年度4回目のあざみ野アートワゴンを開催しました。
今回は当館の地元、横浜市青葉区より「アトリエ木の実」さんがご出店。
緑豊かな青葉区奈良(「こどもの国」駅の最寄駅)の地域活動支援センターです。
手工芸や木工芸作品の制作などを行いながら、日々楽しく活動されています。

アトリエ木の実

アートワゴンには、根気のいる細かな刺繍やフエルト素材のオリジナルグッズを
たくさんお持ちくださいました。
このカラフルな可愛らしいフエルトマスコットの数々!
ひとつひとつじっくり時間をかけて丁寧に作られています。

アトリエ木の実

なかでも青葉区制20周年の今年、
青葉区のマスコットキャラクター「なしかちゃん」グッズを各種開発!
エンブレムのイメージから発展して出来上がった「なしかちゃん」バッチは、
色の取り合わせも素敵です。

アトリエ木の実

ぷっくりとまるい「 なしかちゃん 」マスコットも、足の作りや顔の表情がとってもキュート(左下)。スマートフォンやコンパクトカメラなどを入れるのにぴったりな「なしかちゃん」ミニバッグ(右下)は、図案から起こしたクロスステッチや、フエルトアップリケの「なしかちゃん」が何とも可愛らしい一品です。

アトリエ木の実 アトリエ木の実

アトリエ木の実さんは、木のパズルやはめ絵など、木工製品もお得意です。
今回のワゴンではそれらに加え、ご購入された方がご自身で色を付けても楽しい白木のクリスマスオーナメントのセットなども並べて下さいました。
フエルトのミニツリーにも「なしかちゃん」が!

アトリエ木の実

刺繍やアップリケの細かな手作業に約一ヵ月を要したという作品から、
小さなお子さんがお小遣いで買える小物まで、
どちらをとっても可愛らしく夢いっぱいなアトリエ木の実さんの作品。

アトリエ木の実 アトリエ木の実

「なしかちゃん」グッズもずらりと勢揃いし、青葉区制20周年記念にふさわしい楽しいワゴンとなりました。

アトリエ木の実スタッフの皆様、作品制作に携わった利用者の方々、
そしてご来場・お買い求めいただいたみなさま、どうもありがとうございました。


*** アトリエ木の実 ***
 場所:こどもの国駅から西へ徒歩2分
 住所:横浜市 青葉区 奈良 1-22-1 第2鴨志田ビル2F
 電話:045-961-8760


次回あざみ野アートワゴンは、
2014/12/14(日)港北区大倉山より アート・メープルかれん さんが登場。
またまた素敵なグッズ・作品に出会えそうです。皆様どうぞお楽しみに!

レクチャー「山口勝弘1951-2014」開催しました!

「山口勝弘展―水の変容」の関連イベントとして、レクチャー「山口勝弘1951-2014」を開催しました。

山口勝弘さんの60年以上にわたる幅広い活動を振り返りつつ、現在の制作活動についてもご紹介するという盛りだくさんのこの企画。
まずは、メディアアート・キュレーターで早稲田大学教授の草原真知子さんにお話いただきました。山口さんがアーティストとして活動し始めた戦後の話から順を追って、画像や映像をたっぷり交えてご紹介いただきました。新しいテクノロジーを用いながら、伝統的な価値観、アートのあり方に挑戦してきた山口さんの活動の意味を読み解いていく、とても興味深いお話でした。

草原真知子さん

草原真知子さん


当日、なんと会場に山口さんご本人のお姿が!上の写真、一列目手前でレクチャーを聞いているのが山口さん。

つづいて後半は、山口さんの神戸芸術工科大学時代の教え子で、現在山口さんの制作活動をサポートしながら研究を行っている、甲南女子大学准教授の八尾里絵子さん、静岡産業大学准教授の北市記子さんによるお話。山口さんが2001年に病に倒れて以降の作品について、山口さんと身近に接するお二人ならではの裏話も交えながら楽しくご紹介くださいました。

八尾里絵子さん

八尾里絵子さん


北市記子さん

北市記子さん

八尾さんによると、2010年に山口さんから突然作品制作の依頼の手紙(写真下)が届き、不自由な身体であっても作品制作への意欲は変わらず持ち続ける山口さんの制作のお手伝いをするようになったそうです。北市さんのお話からも、どんな状況であってもつくることを諦めない、山口さんの柔軟さ、軽やかさがみえてきました。
lec4

そして、最後は出演者3名によるフリートークの予定でしたが、急遽山口さんにも加わっていただき、4名で行うというスペシャルな会となりました!

lec6
lec7
フリートークでは、「富士山と金色のゴキブリ」など山口さんの今後の作品制作の構想もユーモアたっぷりに語られ、和やかな雰囲気となりました。「大事なのは工夫するかしないか、実際にやるかどうか」という言葉には、数々の壮大なプロジェクトを実現してきた山口さんであればこその重みがありました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

【山口勝弘展 関連イベント】「アートなピクニック」を開催しました


アートなピクニックは、視覚に障がいがある人とない人が共に語らいながら展覧会を楽しむ鑑賞会です。

横浜wo発掘suru vol.5「山口勝弘展―水の変容」会期中の11月8日、11人の参加者の方々と当館で活躍してくださっているアートサポーターさん 3人をくわえた 14人が、2グループに分かれて約2時間ゆっくり鑑賞しました。

2グループに分かれて作品鑑賞

2グループに分かれて作品鑑賞

1階展示室では、まずはじめに山口勝弘さんの代表作《ヴィトリーヌ》を鑑賞。この作品は、正面に特殊なガラスを取り付けた額に入った半立体の絵画です。ガラス板の効果によって、見る人の視点が動くと中に描かれた像が揺らいで見えます。作品を前にして視覚障がい者の方と晴眼者の方とが様々な言葉を交わしながら、水面のようにきらめく《ヴィトリーヌ》について語り合い、じっくり味わいました。

山口勝弘さんの代表作《ヴィトリーヌ》を鑑賞(作品=《ヴィトリーヌ 青い惑星》)

山口さんの代表作《ヴィトリーヌ》を鑑賞

東日本大震災の直後に筆をとった《三陸レクイエム》シリーズのコーナーでは、35点に及ぶ絵画と映像に込められた山口さんの東北への熱いエールを読み取り、1989年の横浜博に出品された映像作品《横浜博 水》や映像インスタレーション《WAVE LENGTH(音楽:武満徹)》では、映像の美しさと水滴や波の響きにみんなで浸りました。

picnic-3

picnic-4

続く2階展示室では、絵画《イカロス》シリーズや新作の映像作品、資料コーナーを鑑賞。 山口さんの精力的な活動に舌を巻きながら、鑑賞を楽しみました。

「山口さんは型にはまらない人だね」(参加者のコメントより)

「山口さんは型にはまらない人だね」(参加者のコメントより)

最後に参加者全員で感想を話し合い、終始なごやかな鑑賞会となりました。「視覚障がいの有無にかかわらず、展示室でおしゃべりしながら鑑賞できたことが新鮮だった」「普段よりじっくりと鑑賞できた」 「視覚障がいのある方の洞察力に脱帽した」 「言葉で作品を説明 するのは難しい。でも楽しかった、また参加したい」といった前向きな感想を沢山いただきました。これからも参加者のみなさんに快適に鑑賞していただけるよう、私たちスタッフも工夫していきたいです。

クリスマスジュニアコーラス2014スタート!!

11月に入り、冬の匂いを感じはじめるなか、
今年も“あざみ野クリスマスジュニアコーラス”が始まりました。
総勢35名の小学生で合唱団を結成し、
2ヶ月の練習を経て12月23日(火・祝)に当館のエントランスロビーで発表会を行います。
毎年開催しており、子どもたちの楽しげな姿は、あざみ野の冬の風物詩となってきました。

初回は子どもたちも少し緊張気味。。。
と思いきや、いろんな所から楽しそうな話し声が聞こえてきます。
昨年の経験者もいたからなのか、とても和やかな雰囲気で始めることができました。

まずは、きれいな声を出すための練習から。
手を前にだし、指をろうそくに見立て、息をふきかけて5本のろうそくの火を消していきます。
普段あまりすることのない腹式呼吸に子どもたちも戸惑い気味。
でも、腹式呼吸に慣れれば、いまよりもっときれいな歌声がでるはず!がんばれ、みんな!
chorus2014_1
その後、さっそく楽譜を持って、歌ってみることになりました。
chorus2014_2
はじめは、みんな楽譜をよむために下を向いて、こもった声で歌っていたけれど、
加藤先生からの「正面をむいて、口を大きくあけて、歌ってごらん」
のアドバイスが入ると、先ほどの歌声と見違えるように、とてもきれいな歌声になりました。
今後、練習を重ねるごとに上手になっていくのでしょう。早くも本番が楽しみです。

今後もジュニアコーラスの様子をレポートしていきますのでお楽しみに!
2ヶ月、一生懸命練習した成果は、12月23日(火・祝)12:00から
エントランスロビーで発表しますので、ぜひ観に来てくださいね。

Page 10 of 51« First...6789101112131415...304050...Last »