あざみ野サロンシリーズ

あざみ野アートシネマ vol.3
荒木悠 特集上映会「観察と手口」
Yu Araki Screening | Modus Operandi

  • 日本語
  • English

PENELOPE
PENELOPE’S HAND / 2015年 / 18分


私にとっての制作は、新たな言語を身につける行為にとても近いものがあります。「文化的諜報活動」と称してこれまで様々な土地へ赴き、絵コンテや台本も用意せず、その場の出会いや発見をもとに作品を展開してきました。このような方法の選択には、自己形成の時期に異国で暮らした体験が大きく起因しています。家庭の事情によるもので、自分一人ではコントロールできない状況での移動でした。そんな中、言語習得の過程で美術と出会い、より広く世の中を観察するための手段としてカメラを手にするようになりました。過去十年の活動は、作品に自分の内面を反映させるのではなく、むしろその外の領域である環境や風土がどのように私自身の思考を形作り、影響を及ぼしているかを検証するものでした。この実験はしばらく続きそうですが、その一部を上映会という形で皆様と共有できるのを大変嬉しく思います。(荒木悠)

2017年 318 日(土)16:00 開演(15:45 開場)

会 場:アートフォーラムあざみ野 3Fアトリエ

入場料:500円(公演当日支払)

定 員:70名(事前予約制 / 先着順)

協 力:メグミ・イシカワ The Container

主 催:アートフォーラムあざみ野
   (横浜市民ギャラリーあざみ野 / 男女共同参画センター横浜北)

※未就学のお子様の入場・同伴はご遠慮ください。1歳6ヶ月~未就学児の保育あり(予約制、有料)





【 スケジュール 】

15:45 ………… 受付・開場

16:00 ………… 上映開始

17:30 ………… アフタートーク





【 上映作品 】

WHITE PIECE

2006年 / 1分

WHITE PIECE

牛乳、風船、ガムを繋ぐ視聴覚実験。

DEEP SEARCH (digested version)

2009年 / 4分

DEEP SEARCH

内視鏡を使用した作品。胃の中には小さなプラスチック製の人形が座っており、カメラに付属したアームがその人形を取り除こうと苦戦する様子が記録されている。それまでは自分の外部の存在であったカメラを身体に取り込んだ経験から以後撮影する対象・カメラ・撮影者の関係性に対して意識的になった。

THE POLITICS OF SAUSAGES

2012年 / 9分

SAUSAGES

ベトナムにて制作。現地で知り合ったアーティストのフォンの一日は、家業であるソーセージ作りを手伝うことから始まる。昼前には終わる仕事があるおかげで、彼は午後の時間を制作に費やせるという。作家として生きていくために繰り返し作られていくソーセージは、食べられる彫刻のようでもあった。

ANGELO LIVES

2014年 / 14分

ANGELO LIVES

日本で最初に植栽されたオリーブがスペイン系品種の「ミッション」であったことに着目し、オリーブが世界各地へと伝播された歴史とキリスト教の布教活動との関係性に焦点を当てた作品。ザビエルの通詞を務め、神を「大日如来」と誤訳したアンジロウの亡霊が彷徨いながら物語なき物語を展開する。

ROAD MOVIE

2014年 / 15分

ROAD MOVIE

アイスランドにて撮影。滞在した村唯一のレストランがアメリカンなダイナーだったことへの憤りをきっかけに制作。非アメリカ人たちがルート66上の地名に因んで名付けられたメニューを一丸となって消費することにより「ハリウッド」を目指す架空のロードムービー。

OLAFUR

2014年 / 8分

OLAFUR

想像以上にアメリカ化されていたアイスランドの現状を目の当たりし、一番驚いたのは人々が流暢なアメリカ英語を話していたことであった。聞くところによると、ハリウッド映画やアメリカのTV番組を見て育ったという。そこで私は現地の彫刻家にオスカー像の作成を依頼し、その一部始終を記録した。

PENELOPE’S HAND

2015年 / 18分

PENELOPE

造形における鋳造することと演劇や映画の配役を決めることの両方に「casting」という言葉が用いられていることに着想を得た作品。アテネ美術学校に通うペーネロペーが自身の右手の鋳型を黙々と作る姿は、どこかオデュッセウスの帰りを待つ妻ペーネロペーの姿と重なるようでもある。

WRONG REVISION 利未記異聞

2016年 / 15分

WRONG REVISION

瀬戸内海沿岸や九州地方に古くから伝わる風習・干し蛸の背後にはキリスト教伝来が深く関わっていたことを仄めかす映像作品。芥川龍之介の短編小説『煙草と悪魔』(1916年)を原作に添え、その内容を大幅に改訳。岡山芸術交流で発表した本作は、5つの部屋を使ったインスタレーションとして発表した。




【 プロフィール 】

荒木 悠(あらき ゆう)

1985年山形市生まれの美術家・映像作家。2007年米国ワシントン大学サム・フォックス視覚芸術学部美術学科彫刻専攻卒業。2010年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修士課程修了。2013年ボティン財団主催タシタ・ディーン ワークショップ参加。近年の主な展覧会・上映に『クロニクル、クロニクル!』(CCO、大阪)、『岡山芸術交流2016:開発』(旧後楽館天神校舎跡地、岡山)、『New Artist Picks 荒木悠展:複製神殿』(横浜美術館)、『Anthropographes』(ベナキ美術館、アテネ)、『第59回BFIロンドン映画祭』(BFIサウスバンク、ロンドン)など。現在、東京都在住。



【 お申し込み 】
「プログラム名」「名前」「住所」「年齢」「電話番号/FAX番号」を明記のうえ、
直接来館(アートフォーラムあざみ野2階事務室)
HPのお申し込みフォーム
お電話(045-910-5656)
 のいずれかでお申込みください。
 ※4名様まで一緒にお申し込みいただけます。
 ※提供された個人情報は今回の事業実施のためだけに使用し、その他の目的で使用することはありません。



【 保育について 】

お子さんをあずけて、安心してイベントに参加できます。
開催時間中に主催事業保育料金にて1階の保育室(予約制、対象年齢:1歳6カ月~未就学児)
をご利用いただけます。(〆切:3/14(火))
詳細はアートフォーラムあざみ野 子どもの部屋 TEL:045-910-5724までお問い合わせください。


OLAFUR
OLAFUR / 2014 / 8min.


Ranging from the playful early pieces to the more serious ones, the selected films in this program share recurring motifs such as hands and mouth. While noticing them as prominent features in my filmography, I do not know what they represent or their significance yet. Personally speaking, the process of art making is quite similar to acquiring a new language. I go through stages of trying to grasp and digest whatever that I captured through my lens, i.e. objects, places, people, histories, etc. Having that in mind, one of the things I could say about my motifs is that perhaps I am implying limitations of moving image, a medium which cannot be touched or tasted. It sounds quite paradoxical, but this is how I feel, at least for now. (Yu Araki)

Sat., March 18th , 2017 15:45open/16:00start

Venue:Art Forum Azamino 3rd Floor Atelier

Admission:¥500(pay at the door)

Capacity:70 seats(first-come, first-served)

Cooperation:Megumi Ishikawa The Container, Tokyo

Organized by Art Forum Azamino

※Preschool Children are not admitted.




【 Timetable 】

15:45 ………… Doors open

16:00 ………… Screening

17:30 ………… Artist talk




【 Works 】

WHITE PIECE

2006 / 1min.

WHITE PIECE

An audio-visual experiment on milk, balloon, and chewing gum.

DEEP SEARCH (digested version)

2009 / 4min.

DEEP SEARCH

A self-interview project which literally ‘inter-views’ my own internal organs using endoscope. The work captures a small plastic figurine sitting inside of my stomach and its voyage of being taken out. The camera has always been an entity outside of my system until this physical experiment. Since making this work, I have become very conscious of where I position my camera in relation to the subject being filmed.

THE POLITICS OF SAUSAGES

2012 / 9min.

SAUSAGES

My Vietnamese artist friend Phuong begins his day by helping out his family business of sausage-making. Because he gets off work before noon, he could spend the rest of the afternoon making his art. “No artists can continue their practice without making a living,” Phuong said. His sausages started to look like edible sculptures.

ANGELO LIVES

2014 / 14min.

ANGELO LIVES

The propagation of olives to countries around the world is closely related to the spread of Christianity. As a matter of fact, the type of olive trees first planted in Japan is the Spanish cultivar called ‘mission.’ The indecipherable voiceover that accompanies the montage is dedicated to the ghost of Anjiro, who served as an interpreter for Francisco Xavier and apparently misinterpreted God as ‘Dainichi’.

ROAD MOVIE

2014 / 15min.

ROAD MOVIE

Shot entirely in Iceland. This work was inspired from the fact that the only place to eat out in the village where I stayed was an American-style diner called Grill 66, and its menu were named after cities along the historic U.S. Route 66. By consuming the entire 25 dishes in one-sitting, the video captures the collective journey from “Chicago” to “Hollywood.”

OLAFUR

2014 / 8min.

OLAFUR

During my first visit to Iceland, I was surprised by how Americanized things were. The people told me, with their perfect American English, that they grew up watching Hollywood movies and American TV shows. I then decided to approach a local sculptor to make an Oscar statuette. The video documents the process of translation from the original to the adapted, localized version.

PENELOPE’S HAND

2015 / 18min.

PENELOPE

An observational portrait of Penelope, a sculpture student who I met at Athens School of Fine Arts. The work was inspired by the fact that the term ‘casting’ is both used in sculptural and theatrical / cinematic contexts. As I was watching Penelope making a mold of her right hand, it reminded me of the wife of Odysseus, who awaits for her husband’s return.

WRONG REVISION

2016 / 15min.

WRONG REVISION

Based on the short story “The Devil and Tobacco” (1916) by Ryunosuke Akutagawa, the video introduces devil’s entrance into Japan with Francisco Xavier in 1549, and how the oppression of Christians in the 17th century was related to the development of dried octopus, which is an old tradition along the coast of Seto Inland Sea and parts of Kyushu region.




【 Biography 】

Yu Araki

Yu Araki is an artist and filmmaker, born in 1985 in Yamagata City, Japan. Araki received his Bachelor of Fine Arts in Sculpture from Washington University in St. Louis, U.S.A. in 2007, and completed his Master of Film and New Media Studies from Tokyo University of the Arts in 2010. In 2013, he was selected to participate in Tacita Dean Workshop hosted by Fundación Botín in Santander, Spain. His recent exhibitions and screenings include “Chronicle, Chronicle!” (CCO, Osaka), “Okayama Art Summit 2016: Development” (Korakukan Tenjin School, Okayama), “Yu Araki: Temple of the Templet” (Yokohama Museum of Art, Yokohama), “Anthropographes” (The Benaki Museum, Athens), and “The 59th BFI London Film Festival” (BFI Southbank, London). He lives and works in Tokyo, Japan.



【 Reservations 】
Online
Telephone:045-910-5656
 ※1-4 persons can apply by one submit.
 ※Private infomation you are to register is used only for managing Azamino Art Cinema vol.3,
  NEVER for the other purpose.