あざみ野サロンシリーズ

あざみ野アートシネマ vol.4
篠田太郎 特集上映会「パラダイムシフト」
SHINODA Taro Screening | Paradigm Shift

ShinodaTaroSHINODA Taro
篠田太郎は、東京都立園芸高校で造園を学びました。実際には造園家になることはありませんでしたが、この頃に見聞した経験がその後のアーティストとしての活動に大きな影響を与えています。とりわけ龍安寺の方丈庭園が表現する壮大な宇宙観に対する畏敬は現在の作品制作の核となっています。今回のスクリーニングでは近年特に取り組んでいる映像作品を紹介します。宇宙の物質とエネルギーのうち、人類が知るのは数パーセントに過ぎないことは良く知られています。未知の領域が広大に拡がることを常に念頭に入れながら、篠田の作品は、自然現象も身近な歴史といった人々の営みも広く文明論的な視点から捉えることで、マクロコスモスに繋がる気宇壮大な宇宙観を示しています。
 
Shinoda Taro studied landscape gardening at Tokyo Metropolitan Engei (gardening) High School. He did not become a landscape architect but his experience at school has a great influence on his activities as an artist. His reverence for vast universe that is represented in the garden of Hojo (abbot’s quarters), such as the Ryoanji rock garden in Kyoto becomes the core of his present works. In this video screening we will introduce his recent video works. It is said that we understand only few percents of the amount of materials and energy in the universe. While keeping in mind that there lies unknown world before us, he captures natural phenomena and human history from the view of the theory of civilization. His works show his magnificent viewpoint on the universe that leads to the macrocosm.
 

 
 
2017年 99 日(土)14:00 開演(13:30 開場) 

September 9th 2017  13:30open/14:00start

 
 

会 場:アートフォーラムあざみ野 3Fアトリエ Art Forum Azamino 3rd Floor Atelier

入場料:500円(公演当日支払) Admission:¥500 (pay at the door)

定 員:70名(事前予約制 / 先着順)70 seats(reservation)

協 力:MISA SHIN GALLERY

主 催:アートフォーラムあざみ野 Art Forum Azamino
    (横浜市民ギャラリーあざみ野 / 男女共同参画センター横浜北)

※未就学のお子様の入場・同伴はご遠慮ください。1歳6ヶ月~未就学児の保育あり(予約制、有料)

 

 
 
  
【 スケジュール 】 Time Table
  
  

13:30 ………… 受付・開場  open

14:00 ………… 上映開始  start

16:00 ………… 終了予定  end

 
 
   
  

 
 
【 上映作品 】 Program  
 
 

残響 Reverberation

2009-10年 3チャンネルビデオインスタレーション 各10分
2009-10 3 channel video installation (each. 10min.)

  
Reverberation
Photo : Takayama Kozo
  
「文化における自然の解釈」をテーマにした三部作から構成されるビデオ作品。「自然と人間」という二元論的な概念に修正を加える必要性を感じ、新たな概念を考察する上での道具として機能する事を目指して制作。

video installations composed of trilogy with the theme of “interpretation of nature in culture”, and formulate a critique on the Human-Nature dualism.

  
 

 

残響 Reverberation 1

  
Reverberation 1
Photo : Takayama Kozo
  
篠田の住む武蔵野一帯を主に、人工的なランドスケープや町並みを自然の一部として捉えた場合、その整合性の根拠を美に求めて撮影した作品。

A video featuring the area of Musashino in Tokyo where Shinoda lives, seeks beauty in artificial landscape and cityscape in order to interpret them as a part of nature.
 

 

残響 Reverberation 3

  
Reverberation 3
Photo : Takayama Kozo
  
東京の土地を歴史的にどのように使用してきたかをテーマに、「文化における自然の解釈及び人工と自然の関係」を時間軸的に考察した作品。映像の中に現れる水路は、江戸城を設計時に軍事的また物流的な目的で運河として建設され、その水路の上に首都高速が建造された。建築は比較的容易に建て替える事が可能だが、土木は変更が難しく、当初の目的とはまったく違った用途で活用されているものが少なからず存在する。

A video based on how lands in Tokyo have been used, studies canals which were originally built for the military and distribution purposes are now covered by expressways.
 

 

残響 Reverberation 5

  
Reverberation 5
Photo : Takayama Kozo
  
東京に暮らす人が水道ガス電気などの資源をどのような場所に求めているかをテーマにした作品。一見自然の風景に見える東京郊外の奥多摩湖や多摩湖は人造湖であり、また湖だけが水源のすべてのように見えるが、実際は湖を取り囲む森の方が湖よりもずっと多くの水を保っている。この様に人工が自然と見間違うとき、人工を自然を分け隔てる要素が質的に曖昧になってくる。

A video featuring Lake Okutama and Lake Tama, with a theme where people in Tokyo seeks resources such as water, gas and electricity.
 
 
 

エスエフ SF
San Francisco or Science Fiction
or How do I Understand the History

ビデオ 2013年 / 13分33秒
2013 Video 13’33”

  
SF
  
ゴールデンゲートブリッジの傍の元軍事施設のレジデンスに滞在したことをきっかけに制作したサンフランシスコ講和条約をテーマにしたビデオ作品。日米安全保障条約の改定により近年関心が高まる憲法問題だが、現在にわたって大きく影響を及ぼす歴史を抽象的に考察する事により、新たな道筋の可能性を示唆する。
 
  
The inspiration for this video work, which has the San Francisco Peace Treaty as its theme, was spending time as an artist-in-residence at a former military facility near the Golden Gate Bridge. Amending the Japan-US Security Treaty that was signed along with the San Francisco Peace Treaty is a specific concern at a time when issues with the Japanese constitution are being discussed. By taking an abstract approach to examining this historical background, I attempt to suggest the possibility of finding a new path forward.
 
 
 

反射 REFLECTION

ビデオ 2013年 / 14分41秒
2013 Video 14’41”

  
REFLECTION
  
動物園には動物の食事を用意する場所、医療設備、金属加工工房、木工房などがあり、ある意味、都市機能を満たす要素が存在し、動物たちは自由と引き換えに、生活の安定と食料が保証されている。人間の生活、都市構造、経済構造、社会構造は多様性ゆえに抽象化することが困難だが、動物園を都市の模型として見立てると、驚くほど人間の社会と近いものであることに気づく。
 
  
The zoo has aspects that in a sense fulfill the functions of a city, such as an area where the animals’ food is prepared, medical facilities, and workshops for working metal and wood. The zoo animals have traded their freedom for the guarantee of a stable life and reliable food supply. Human lifestyles and the structures of our cities, economies, and societies are tremendously diverse, making it difficult to create abstractions, but if you think of the zoo as a model of a city, it soon becomes clear that the society of the zoo bears a surprisingly close resemblance to human society.
 

 
 
【 プロフィール 】 Biography
 

篠田太郎 SHINODA Taro

1964年東京生まれ。造園を学んだ後に作家活動を開始する。一貫して人間と自然の関わりを深く問う篠田の作品は、彫刻、ビデオ、 インスタレーションと多岐にわたり、国際的に高い評価を受けている。「Lunar Reflection Transmission Technique Performance」(シャルジャ、2016年)、「balzerARTprojects」(バーゼル、2015年)、イザベラ・ステュワート・ガードナー美術館(ボストン、2009年)、REDCAT (ロサンゼルス、2005年)、広島市現代美術館(広島、2002年)などで個展を開催。シドニー・ビエンナーレ(シドニー、2016年)、シャルジャ・ビエンナーレ(シャルジャ、2015年)、「SCULPTURE GARDEN(COLLABORATIVE PROJECT) / KAZ OSHIRO / TARO SHINODA」ラス・シエネガス・プロジェクト(ロサンゼルス、2011年)、「ネイチャー・センス展」森美術館(2010年)、イスタンブール・ビエンナーレ(イスタンブール、2007年)、釜山ビエンナーレ(釜山、2006年)、横浜トリエンナーレ(2001年)などの国際展にも多数参加している。

Born in Tokyo in 1964, studied landscape gardening before becoming a visual artist. His wide-ranging work encompassing sculpture, video works and installation delves deep into the relationship between humans and nature, receiving substantial international acclaim. Major solo exhibitons and projects include Sharjah Art Foundation (Sharjah, 2016), balzerArtprojects (Basel,2015), Mori Art Museum (Tokyo,2010), Isabella Stewart Gardner Museum (Boston,2009), REDCAT (Los Angeles,2005) and Hiroshima City Museum of Contemporary Art (Hiroshima,2002). Major international exhibitions include Sydney Biennale (Sydney,2016), Sharjah Biennale (Sharjah,2015), Istanbul Biennale (Istanbul,2007), Busan Biennale (Busan,2006) and Yokohama Triennale (2001)

 

 
【 お申込み 】 Reservations
 
 

ホームページの申込みフォーム」(右アイコンをクリック)

直接来館(アートフォーラムあざみ野2階事務室)

お電話(Tel.number:045-910-5656)

 のいずれかでお申込みください。

 
application form
 
 ※4名様まで一緒にお申し込みいただけます。
 ※提供された個人情報は今回の事業実施のためだけに使用し、その他の目的で使用することはありません。
 
 
 
【 保育について 】  About Nursery Service
 
お子さんをあずけて、安心してイベントに参加できます。開催時間中に主催事業保育料金にて1階の保育室(予約制、対象年齢:1歳6カ月~未就学児)をご利用いただけます。詳細はアートフォーラムあざみ野 子どもの部屋 TEL:045-910-5724までお問い合わせください。