こどもぎゃらりぃシリーズ

あざみ野こどもぎゃらりぃ 2015

【アーカイブ】

安部泰輔《あざみのふたご森》会場風景 photo:吉田和生
安部泰輔《あざみのふたご森》
会場風景 photo:吉田和生
宮田篤+笹萌恵《ちくちく地区の「かたちたち」》会場風景 photo:吉田和生
宮田篤+笹萌恵《ちくちく地区の
〝かたちたち”》会場風景
photo:吉田和生
野村誠《夏の音楽ジッケン室》会場風景 photo:吉田和生
野村誠《夏の音楽ジッケン室》
会場風景 photo:吉田和生

横浜市立山内小学校5年生《自分の思いと写真展》会場風景 photo:吉田和生
横浜市立山内小学校5年生
《自分の思いと写真展》会場風景
photo:吉田和生
ワークショップ「ジッケン1 粘土で楽器をつくってみよう」
ワークショップ「ジッケン1
粘土で楽器をつくってみよう」
ワークショップ「ジッケン2 紙で太鼓をつくってリズムであそぼう」 photo:吉田和生
ワークショップ「ジッケン2
紙で太鼓をつくってリズムで
あそぼう」 photo:吉田和生

ワークショップ「ジッケン3 身のまわりの音と楽器であそぼう」
ワークショップ「ジッケン3
身のまわりの音と楽器であそぼう」
ワークショップ発表会「日用品で音楽会」 photo:吉田和生
ワークショップ発表会
「日用品で音楽会」photo:吉田和生

毎年、夏休み時期に開催している子どものための展覧会「あざみ野こどものぎゃらりぃ」。 展示室1では安部泰輔さん、小川実加子さん、小日山拓也さん、野村誠さん、宮田篤さん+笹萌恵さんによる展示やワークショップを開催。参加型の展示やワークショップなど、子どもたちは直接関わることを通して、表現を身近に感じられたのではないでしょうか。 展示室2では横浜市立山内小学校5年生による写真の展示を行いました。自分の大切なものを写した写真と文章からは、120名それぞれの思いが伝わってきました。




あざみ野こどもぎゃらりぃ 2015

2015年 7月31日(金)- 8月9日(日)

10:00~17:00 / 会期中無休
横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1・2
入場無料


作品を見たり、一緒につくったり、ワークショップに参加したり、
楽しみ方はいろいろ! おうちの人とあそびにきてね!
 
※団体で鑑賞される場合は事前にご連絡ください。


主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
後援:横浜市文化観光局 / 神奈川新聞社 / tvk / ラジオ日本 / FMヨコハマ / 横浜市ケーブルテレビ協議会
協力:NPO法人 淡路島アートセンター / NPO法人 黄金町エリアマネジメントセンター / 千住だじゃれ音楽祭 /
   つづきMYプラザ(都筑多文化・青少年交流プラザ) / やぶくみこ



展示室1
≪ちゅんたま≫
≪ちゅんたま≫
展示 「あざみのふたご森」安部泰輔 

古着をつなげてつくった森の中で、「森に住んでいる生き物」をテーマに絵を描こう。
それを元に安部さんが古着をつかってヌイグルミオブジェを毎日つくって、展示していくよ。

ワークショップ  当日先着順

日 時 7月31日(金)~ 8月9日(日)10:00~ 
     毎日開催 ※ただし、8/2(日)、8/5(水) はお休みです。
      ※8/5(水)は開催いたします。(08/02)

対 象 各日10名(当日先着順)
場 所 展示室1
参加費 1,000円
     ※制作した作品は、会期終了後参加者に返却します。 

アキヤモリ
≪アキヤモリ≫

安部さんからひとこと

みなさんから集めた古着でつくる「あざみのふたご森」には、
毎日色んな生き物が生まれます。何度も会場にあそびにきて、
どんな生き物がいるか観察してください。

安部泰輔 photo:久保貴史
photo:久保貴史



展示 「ちくちく地区の

ぴったりズレてくっつける、かたちとかたちの
とりかえっこあそび


毎日開催 ※ただし、8/1(土)はお休みです。

申込不要参加無料

《ちくちく校歌:取手市立井野小学校》

《ちくちく校歌:取手市立井野小学校》

宮田さん、笹さんからひとこと

たとえば「ふわふわ」っていうことばは、
どんなかたちでしょうか?
「ぎざぎざ」や「まるまる」を、あなたは、
どんなかたちだとおもうでしょうか?
あなたのとなりにいる、だれかのかたちと、
まったくそっくりおんなじでしょうか?
あなたとだれかのぴったりズレるかたちを
とりかえっこしてよおおおおおく見て、
くっつけてみましょう。




展示 「夏の音楽ジッケン室」野村誠

いろいろなものが楽器になる音のジッケン室。瓦でできた楽器『瓦フォン』の展示は、会期中いつでも楽しめるほか、ワークショップもあるよ。


「淡路島アートフェステバル2013」での様子1「淡路島アートフェステバル2013」での様子2

「淡路島アートフェスティバル2013」


ジッケン1ワークショップ   事前申込

粘土で楽器をつくってみよう

粘土を焼いて楽器をつくってみよう! できた楽器は展覧会で展示するよ。

日 時 7月11日(土)14:00~16:00
対 象 小学生 20名 (応募多数の場合抽選)
講 師 野村誠
場 所 3階アトリエ
参加費 無料
締 切 ※募集は終了いたしました。 




ジッケン2ワークショップ   事前申込

紙で太鼓(たいこ)をつくってリズムであそぼう

鼓(つづみ)という太鼓の仲間を紙でつくってみよう! 鼓ができたら、伝統的な打ち方を取り入れた「すっぽんぽん体操」に合わせてたたいてみるよ。

日 時 8月1日(土)10:30~14:30 (お昼休憩あり)
対 象 小学生 20名 (応募多数の場合抽選)
講 師 小川実加子 / 小日山拓也
場 所 展示室1
参加費 300円
締 切 ※募集は終了いたしました。


小川さんからひとこと

みんな、「鼓」って知っていますか?
日本に昔からある伝統的な楽器のひとつです。
楽器のお話しはもちろん、鼓のリズムを体験できちゃう「すっぽんぽん体操」など、
鼓の魅力を楽しくお届けします!

※「すっぽんぽん体操」は、鼓奏者の小川さんが鼓の打ち方をわかりやすくするためにつくった
  体操です。裸にはなりません。


小日山さんからひとこと

日本に古くからつたわる楽器「鼓」をみんな知ってるかな? みたことがあるかな?
どんな音がするか聴いたことがあるかな?
紙のつつに紙のかわをはって自分だけの「鼓」をつくります。
アフリカの太鼓「トーキングドラム」にもなぜかにているふしぎな太鼓「鼓」を
みんなでつくってたたいてみよう!




ジッケン3ワークショップ   事前申込

身のまわりの音と楽器であそぼう

楽器が得意な人、楽器は苦手な人も、参加大歓迎。
音を出し、ゲームをして、あそぶように音楽をつくりあげよう。
最後には発表会をするよ。

日 時 8月7日(金) 8日(土) 9日(日)全3回
    ①7日・8日 11:00~11:40 / 9日 11:00~14:30 (お昼休憩あり)
    ②7日・8日 14:00~16:00 / 9日 10:00~14:30 (お昼休憩あり)
対 象 ①5歳 ~ 小学2年生 20名 (応募多数の場合抽選)
    ②小学3 ~ 6年生  20名 (応募多数の場合抽選)
講 師 野村誠
場 所 展示室1
参加費 無料
締 切 ※募集は終了いたしました。


あざみ野サロン   申込不要 鑑賞無料

日用品で音楽会

3日間のワークショップ最後の日は、参加した全員で発表会をするよ。
みんな聴きにきてね!

日 時 8月9日(日) 14:00~14:30
場 所 展示室1


野村さんからひとこと

いろんな音が集まることを、シンフォニーと言う。普通の楽器もあっていいけれど、
バケツや、ゴミ箱だって、ペットボトルだって、いい音がするならば立派な楽器だ。
そんな楽器で、みんなで自由に音を出すシンフォニーをするのだ。演奏することを
英語でプレイと言う。プレイの意味は「あそぶ」だ。
だから、音で思いっきり遊ぼう。そして、どこにもないユニークな音楽会を始めよう。



展示室2

展示 「自分の思いと写真」展


出張ワークショップで横浜市立山内小学校の5年生のみんなが写真に撮った「私の大切なもの」に自分の言葉をそえて展示します。


監修:三ツ山一志 (横浜市民ギャラリー)

2014年の展示風景

2014年の展示風景


アーティスト紹介(五十音順)

安部泰輔
安部泰輔 あべ たいすけ

美術家。大分在住。古着やハギレを使って小さな立体(ヌイグルミ)を制作し、そのプロセスも含めて作品とする観客参加型のインスタレーションを、日本各地で展開。会場で、会期中毎日、ひたすら作り続けるという独自の制作スタイルで、全国各地の交流型プロジェクトに参加。その他、横浜トリエンナーレ(2005、2011)、黄金町バザール(2008、2011)、広島市現代美術館(2010)、高知県立美術館(2013)など。
http://taisuke-abe.jp


小川実加子
小川実加子 おがわ みかこ

13歳より邦楽囃子を田中佐幸、望月庸子に師事。現在、東京藝術大学大学院博士後期課程に在籍中。幼児を対象としたワークショップ「たんぽぽの部屋」「たぬきの音屋」を、幼稚園・こども園各地で実施。小学校等において邦楽鑑賞教室も行う。2013年より野村誠「千住だじゃれ音楽祭」へ参加。その中で「すっぽんぽん体操」を考案。古典を中心に、様々な方面において演奏活動中。


小日山拓也
小日山拓也 こひやま たくや

東京藝術大学絵画科油画専攻卒業。創作楽器の自作、演奏を手がけ、各地でワークショップも行う。野村誠「千住だじゃれ音楽祭」に参加。「風呂楽器」「紙ドラム」を考案。2012、13年自作楽器展示「未来楽器図書館」に参加。「だじゃれ音楽研究会」メンバー。


野村誠
野村誠 のむら まこと

作曲家。鍵盤ハーモニカ奏者/作曲家として20カ国以上で発表。ホール、 美術館、銭湯、プールなど様々な場所で音楽活動を展開。国内では、子ども向け番組「あいのて」番組監修。横浜では、横浜トリエンナーレ2005にて「ズーラシアの音楽」を発表。著書に、「即興演奏ってどうやるの」ほか。CDに「瓦の音楽」、「ノムラノピアノ」ほか。NPO法人「芸術家とこどもたち」理事。日本相撲聞芸術作曲家協議会理事。千住だじゃれ音楽祭芸術監督。日本センチュリー交響楽団コミュニティプログラムディレクター。


宮田篤+笹萌恵
宮田篤+笹萌恵 みやた あつし+ささ もえ

宮田篤(1984年愛知県生まれ、2009年愛知県立芸術大学大学院美術研究科美術専攻修了)と笹萌恵(1986年東京都生まれ、2010年東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科卒業)によるアーティスト・ユニット。もじやかたちのとりかえっこ裁縫あそび《ちくちく地区》を各地で展開している。主な展覧会に、2014年「美術館で夏休み」(刈谷市美術館)など。2011年より、取手アートプロジェクト コアプロジェクト<アートのある団地>パートナーアーティスト。




こどもぎゃらりぃ2015 チラシダウンロード
チラシのダウンロード(6.51MB)>>>


参加アーティスト

安部 泰輔

安部 泰輔(あべ たいすけ)

美術家。大分在住。古着やハギレを使って小さな立体(ヌイグルミ)を制作し、そのプロセスも含めて作品とする観客参加型のインスタレーションを、日本各地で展開。会場で、会期中毎日、ひたすら作り続けるという独自の制作スタイルで、全…

小川 実加子

小川 実加子(おがわ みかこ)

13歳より邦楽囃子を田中佐幸、望月庸子に師事。現在、東京藝術大学大学院博士後期課程に在籍中。幼児を対象としたワークショップ「たんぽぽの部屋」「たぬきの音屋」を、幼稚園・こども園各地で実施。小学校等において邦楽鑑賞教室も行…

小日山 拓也

小日山 拓也(こひやま たくや)

東京藝術大学絵画科油画専攻卒業。創作楽器の自作、演奏を手がけ、各地でワークショップも行う。野村誠「千住だじゃれ音楽祭」に参加。「風呂楽器」「紙ドラム」を考案。2012、13年自作楽器展示「未来楽器図書館」に参加。「だじゃ…

野村 誠

野村 誠(のむら まこと)

作曲家。鍵盤ハーモニカ奏者/作曲家として20カ国以上で発表。ホール、 美術館、銭湯、プールなど様々な場所で音楽活動を展開。国内では、子ども向け番組「あいのて」番組監修。横浜では、横浜トリエンナーレ2005にて「ズーラシア…

宮田 篤+笹 萌恵

宮田 篤+笹 萌恵(みやた あつし+ささ もえ)

宮田篤(1984年愛知県生まれ、2009年愛知県立芸術大学大学院美術研究科美術専攻修了)と笹萌恵(1986年東京都生まれ、2010年東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科卒業)によるアーティスト・ユニット。もじやかたちのとり…