ショーケースギャラリーシリーズ

進藤冬華展

【アーカイブ】

展示風景 photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato
展示風景 photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato
展示風景 photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato

展示風景 photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato



進藤冬華作品

手袋/2014年/布、糸 photo:山岸せいじ

2016年 929 日(木)~ 1218 日(日)9:00~21:00

※10月24日(月)、11月28日(月)休館

観覧無料

横浜市民ギャラリーあざみ野 エントランスロビー

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)



進藤冬華は北海道を拠点に歴史や文化をリサーチし、その体験を土地に伝わる手工芸や技術を取り入れながら作品化してきました。
様々な視点から見た過去としての歴史と、現代のリアリティとを接続する進藤の作品は、私たちに環境や社会との新たな関わり方を提示します。
本展では、「蒐集(コレクション)」をテーマにした日本初公開作品を展覧します。

自分が暮らす北海道とその周辺地域に関わる作品を制作しています。昔の人々の生活や文化、北海道の近隣地域との関わり、この地域の歴史や自然環境など様々な切り口で地域を見ています。自分が初めに思っていた、国境や海など地域を分ける境目はある一つの見方で、見方を変えるともっと別な境界が現れたりします。作品制作を通じて、地域を構成する様々な要素を横断しながら、この地域を見つめ続けるつもりです。

【進藤冬華】Fuyuka SHINDO

進藤冬華photo:小牧寿里

1975年札幌生まれ。2006年University of Ulster Master of Fine Art修了。主な個展に2014年「物語を編む」QSSギャラリー(北アイルランド)、2015年「鮭のウロコを取りながら」北海道立北方民族博物館(北海道)、主なグループ展に2014年「Our Place 〜歩く・感じる・考える、私たちの生きる場所」本郷新記念札幌彫刻美術館(北海道)、2014年「札幌国際芸術祭2014」札幌駅前通地下歩行空間(北海道)、2014年「ねんど」PAN///(フィリピン)、2015年「津々浦々展」HIGURE 17-15 CAS(東京)、2015年「黄金町バザール2015」初音ウイング(横浜)など。

参加アーティスト

進藤 冬華

進藤 冬華(しんどう ふゆか)

1975年札幌生まれ。北海道やその周辺地域を中心とした歴史や文化、昔の手仕事などをヒントに作品を制作。しばしば作家の個人的な体験や日用品が素材やモチーフとして現れるなど、昔の物事と作家の日常が作品の中で混ざり合う。縫い物…