ショーケースギャラリーシリーズ

對木裕里展

對木裕里作品

rolling field/2015年/石膏、紙粘土、じゃがいも、水彩

2017年 17 日(土)~ 326 日(日)9:00~21:00

※1月23日(月)、2月27日(月)休館

観覧無料

横浜市民ギャラリーあざみ野 エントランスロビー

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)



對木裕里は、固いものと柔らかいもの、変化するものと変化しないもの、天地のあるものと無いものといった異なる軸を持つ素材を合わせながら絵画や彫刻を制作しています。
その作品は、まるで常に揺れ動くかのような空間へと私たちの意識を誘います。
本展では新作によって、エントランスホールの中に新たな空間が生まれます。

私は見えない力をこの手で知りたいのです。ある場所で、ある光景。それらが人にもたらす感触はみな違うものです。わかっていることだらけの日常の中で、私は隣にいる人が何を見ているのか全くわかりません。私には私の重力、じゃがいもにはじゃがいもの重力、隣り合ったり重なり合ったりしながら折り重なる次元は、無骨な織物のようにボコボコと穴が開いたり、密集したりしてうねりながらずっと続いている地平。私のかたまりは広い場所をごろごろ転がりながら、手の届くすべてを触りたいのです。

【對木裕里】Yuri TSUIKI

對木裕里

1987年神奈川県箱根町出身、2009年武蔵野美術大学彫刻学科卒業、2011年京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了。主な個展に2014年「分け入って、分け入って」古書まどそら堂(東京)、2015年「左みずうみ」Alainistheonlyone(東京)、グループ展に、2007年「koshiki art project」(鹿児島 甑島)、2014年「面白い技術」清閑亭(神奈川)、2015年「Feb.」神奈川県民ホール(神奈川)、「第4回新鋭作家展「本の場」」川口市立アートギャラリー・アトリア(埼玉)、2016年「第11回大黒屋現代アート公募展」大黒屋(栃木)、「ここにもアートかわぐち」川口市キュポ・ラ(川口)など。