はじめての油絵5[ナゾのことば]

油絵講座ではナゾのことばが飛び交います。 「インプリマトゥーラ」 「グリザイユ」 「インパスト」 「スカンブル」 「グレーズ」 実はこれ、油絵の技法用語なんです。 主にイタリア語、フランス語。 すご~く簡単に説明すると… ・インプリマトゥーラ・・・有色の下地 ・グリザイユ・・・単色で、明暗にしたがって描く方法 ・インパスト・・・不透明色の厚塗り ・スカンブル・・・不透明色の薄塗り ・グレーズ・・・透明色の薄塗り ここでお気づきかもしれませんが そう、油絵には「透明色」と「不透明色」があるのです。 それぞれの絵具の性質を理解して描いていかないと、 絵がどろどろになってしまったり 乾いたあとヒビ割れてしまったり。 それをどのように使いこなすか、先人たちが研究してきた結果生まれたのが 上のことばたちなんですね。 先人の恩恵を受けつつ、 自分がどんな素材で作品をつくっているのか知ることが 上達の近道かも…!? というわけで この日から固有色の下色が登場! パレット さらに絵具を育てます。 制作風景

ブログのカレンダー

2010年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031