はじめての陶芸6[釉がけ]

一般的に、陶芸でうつわをつくる時には 「素焼き」と「本焼き」といわれる2回の焼成をおこないます。 まず、素焼き。 今回は当館の電気窯で、8時間ほどかけて800度で焼成。 素焼き これに、 焼くとガラス質のように変化する釉薬(うわぐすり)をかけて 色を付けたり、表面を保護したり、水などが漏らないようにします。 この講座では8種類をご用意。 釉薬サンプル どれにしよう… みなさん、仕上がりを想像しながら 釉がけをしていきます。 釉がけ風景 完成まであとわずかです!

ブログのカレンダー

2010年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031