写真史WS第3期テスト1[そそるプリント]

シリーズ・写真史を体感する 第3期テスト1日目。 この日は横浜美術館収蔵庫前室にて、 講師の比田井一良さんと 講座当日に熟覧する作品の選定からスタート。 熟覧の様子 ↑写真を熟覧する比田井さん。 西洋からは エマーソン、スティーグリッツ、スタイケンなど。 日本からは 梅阪鶯里、福原信三、小川月州 そして、もちろん錦古里孝治も。 美しい…。 また、実際にプリントを見ると 例えば、同じピグメント印画法の ふわっとした調子の写真でも 驚くほどいろいろな表現があることがわかります。 どれもお見せしたいのですが、 大切な収蔵品。 安全にご覧いただくためにも、 全部ざっくり見せる、というわけにはいきません。 いろいろと悩んだ末、8点をセレクト。 どれを選んだかはお楽しみに! その後は、市民のアトリエに移動してテスト開始です! ネガチェック テスト1日目は、先日撮影したネガを ゼラチンシルバー・プリント用の印画紙にプリントし、漂白します。 定着の様子 漂白したプリントはスタッフから「そそりますね…」というコメントが出る仕上がり! 画像もワークショップ本番までのお楽しみということで… 次回は、漂白した紙にインキングをしていきます。

ブログのカレンダー

2010年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031