銀幕をつくろうプロジェクト 3日目

志村信裕さんワークショップ3日目の様子を、アートサポーター西平佳史さんにレポートしていただきます。


三週連続で活動してきた「銀幕をつくろう」プロジェクトも今日が最終日。 今日も先週に引き続きあざみ野の街に出て、印象的な街の風景をさがします。
試写の様子

試写の様子



前回のおさらいをかねて、先週撮影した映像を皆で見た後、いよいよ街へ出発! 午前中は、アートフォーラムからあざみ野駅を越えて、早渕川エリアに向かいます。 好天に恵まれ、また風も穏やかで散策には良い日よりだったので、撮影隊の足取りも軽やかです。
早渕川沿いを歩く撮影隊

早渕川沿いを歩く撮影隊



橋のあたりで川を泳ぐ鴨を見つけ、志村さんはおもむろに撮影を始めました。 鴨が水面を泳ぐと水紋ができるので、綺麗ないい画が撮れました。
水面を泳ぐ鴨

水面を泳ぐ鴨



その後は山内小学校の脇を抜けて雑木林の野花などを撮影しながら、驚神社のあたりに向かいます。 神社を撮影した後の帰り途中に、道すがら志村さんは三脚のセッティングを始めて、 撮影を始めました。
道ばたで撮影を始めた志村さん

道ばたで撮影を始めた志村さん



一見何の変哲もない平凡な場所ですが、何を撮り始めたのかな? ビデオカメラのモニターをのぞかせてもらうと、 そこにはモダンなマンションの傍らに小さな野菜畑が映っていました。 「こういう、今風の住宅と畑が町中に隣り合って点在してる風景、あざみ野ならではだと思うんですよね」 アーティストならではの視点に、一同感心。 ここで志村さんのクリエイター魂に火がついたのか、 この後も次々と日常の中の印象的な光景をカメラで切り取っていきます。 (映像の中身は、2月5日からの展覧会での映写をお楽しみに…)
何げないものたちをカメラで切り取る志村さん

何げないものたちをカメラで切り取る志村さん



予定時刻を少しオーバーしてアートフォーラムに戻り、一旦一休み。 昼食とミーティングの後、再び街へ出ます。 午後は、赤田西公園の高台のあたりを目標に散策開始。 皆で意見を交わしながら、いろいろと場所を変え撮影をしていきました。
赤田西公園へ

赤田西公園へ



午前中歩いた道とはまた違って、視界が開けた見晴らしのよいスポットが多かったので、 撮影ポイントも空を背景にした風景が多かったように思えます。 日が傾いて少し肌寒くなってきたあたりで、本日の撮影は終了。
撮影終了!今日もたくさん歩きました

撮影終了!今日もたくさん歩きました

その後はアートフォーラムに戻って、撮影した映像を皆で見ながら今回のプロジェクトの振り返りです。


志村さんいわく、 「今回のプロジェクトでは、最終的には銀幕スクリーンに映像を映すことになります。 なのでスクリーンに映像を映したときに面白い効果が得られそうな映像を、 そこから逆算して撮影することを心がけていました」 とのこと。


制作の際に、サポートメンバーに今回のように深く関わってもらうことは今まではなかったので、 初めは手探りをしながらプロジェクトを進めていったが、 次第に面白い作品になっていく手応えを感じてくださっていたとのことでした。 サポーター一同も積極的にいろいろな意見を出しながら進めていったので、 今回の作品にはそれぞれに愛着を感じることができたようです。


三日間にわたって皆で協力して集めた素材は、志村さんによる編集を経て、 巨大な銀幕スクリーンと映像作品として 2月5日からの「あざみ野コンテンポラリーvol.1 イメージの手ざわり展」展覧会の中で 公開されます。 どうぞお楽しみに!
おまけ:撮影の友・毛糸の帽子と大御所サポーター大杉さん

おまけ:撮影の友・毛糸の帽子と大御所サポーター大杉さん



(アートサポーター 西平佳史)

ブログのカレンダー

2011年1月
« 12月   2月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31