被災地応援ハッピーキャップづくり

横浜市民ギャラリーあざみ野では、「あざみ野コンテンポラリー」出品作家の映像作家・松本力さんとお母様の帽子作家・松本由伎子さんの呼びかけで、東北地方太平洋沖地震 被災地応援プロジェクトとして、ハッピーキャップづくりを行いました。

右から二人目が松本由伎子さん

右から二人目が松本由伎子さん

急な呼びかけにも関わらず、アートサポーターのみなさんを中心に、約30人の方々にお集まりいただきました。

ハッピーキャップづくりの様子

編み棒を使わない指編みで毛糸を編んでいき、あたたかくて通気性のよい帽子をつくりました。

指編みをする松本力さん

指編みをする松本力さん

指編みの様子

まだまだ寒さの残る東北地方で使っていただけるよう、心をこめてつくりました。
ハッピーキャップの一つ一つに、松本力さんの絵と、みなさんのメッセージが添えられます。

メッセージカードづくり

同じ編み方でも、一人ひとりの個性にあふれた帽子が完成!
かがり方を変えたり、ボンボンや三つ編みをつけたり、刺繍をしたり・・・。
編み目にも個性がにじみでます。

完成したハッピーキャップ

完成したハッピーキャップ

完成したハッピーキャップ

完成したハッピーキャップは、松本さんのお知り合いを通じて、気仙沼の教会と、塩釜のオルタナティブ・スペースビルド・フルーガスに届けられます。

この日のみなさんのあたたかな気持ちが、受け取った方々に届きますように。

ブログのカレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930