ハッピーキャップの贈り物

映像作家で、「イメージの手ざわり」展出品作家の松本力さんと、お母様で帽子作家・松本由伎子さんの呼びかけで、指編みの帽子「ハッピーキャップ」をつくり、被災地に贈る活動を行いました。

4月3日に横浜市民ギャラリーあざみ野で、4月5日に松本さんのアトリエでハッピーキャップづくりの会を行い、完成した帽子に松本力さんデザインによる絵本仕立てのメッセージタグをつけました。
(活動の様子はこちらでご紹介しています)

白いハッピーキャップ

茶色のハッピーキャップ

耳あてつきハッピーキャップ

子ども用のハッピーキャップ

絵本のかたちのメッセージタグ

みんなの工夫と個性がいっぱいのハッピーキャップ合計約50個が完成。
先日、松本さんを通じて塩竃のオルタナティブスペースに届けられ、
受け取られた方々の様子がビルド・フルーガスのブログで紹介されています。
とてもすてきな笑顔がいっぱいです。

ハッピーキャップを通じて、つくり手と被災地の方々があたたかい気持ちでつながることができました。

指編みの帽子づくりの活動は5月にもまたあざみ野で開催予定です。
詳細が決まりましたらこのブログやtwitterなどでご案内させていただきます。

twitter : artazamino

ブログのカレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930