「ヨコハマトリエンナーレ2011総合ディレクターに聞く!現代美術のあれこれ」レポート

いよいよ、ヨコハマトリエンナーレ2011開幕まで1ヶ月。 7月2日に開催されたあざみ野カレッジ第3弾は、ヨコハマトリエンナーレ2011総合ディレクターであり、 横浜美術館館長の逢坂恵理子さんを講師にお迎えしました。
まずは海外、日本で行われている国際的なアート展の状況についてのお話。 1890年代から2006年に至るまでスタートした国際展はなんと68にも及ぶとか!! (中には終了した国際展もあり) あざみ野カレッジ 講座風景 特に1980年代以降国際展の開催が増えてきたのは、以下の理由が考えられるそうです。 1 1990年代以降、アジア地区での開催活発化は国力に比例 2 文化振興だけでなく都市開発や観光など多要素への期待 3 都市のアイデンティティ創出に文化が不可欠 4 創造産業が台頭し、産業構造が変化 ヴェネツィアビエンナーレや越後妻有トリエンナーレなどの代表的な国際展のお話を交えながら、 各地で国際展が行われるようになったそれぞれの背景を、コンパクトにわかりやすくお話しいただきました。 あざみ野カレッジ 講座風景 そして、いよいよ今年のヨコハマトリエンナーレ2011のお話! タイトルは「OUR MAGIC HOUR  -世界はどこまで知ることができるか?-」。 今回は78名/組のアーティストが国内外から集まります。 かなり幅広い時代から、テーマにあわせて出品作品が選ばれているのも今回の特徴。 過去の作品と現代アート作品を並べて展示するなど、 過去から現代の作品を照射する、時空間を越えた展示も今回の見所の一つです。 深く哲学的な思索を導く作品もあれば、誰もが参加できる参加型の作品もあり、 さまざまな人が、さまざまな切り口からアクセスできる企画です。 あざみ野カレッジ 講座風景 最後には、会場からの質疑応答。 「横浜らしさをどのようにだしていくのか?」 「アーティストの選考基準は?」 「継続して行われる国際展なだけに作品を残していって欲しい」 などなど、皆さんトリエンナーレにかなり注目していることがひしひしと伝わってきました。 ヨコハマトリエンナーレ2011 総合ディレクター逢坂恵理子さん 「現代美術はわからない、と言うのではなく、まずは好きか嫌いか。 どういう風にその作品を見て感じたか。 現代美術の鑑賞は、作品を見たときの感情と向き合うことから始まると思います」 とは逢坂さんからのお話。 皆さんもぜひヨコハマトリエンナーレ2011に足を運んでみては? トリエンナーレ広報サポーターさん ※講座の最後にヨコトリ2011宣伝チームの方がトリエンナーレを宣伝。 一般前売券は当日券より400円もお得。当館総合受付でも販売中です!
ヨコハマトリエンナーレ2011 OUR MAGIC HOUR   -世界はどこまで知ることができるか?- 2011年8月6日(土) ― 11月6日(日) 11:00-18:00 ※入場は17:30まで 休館日:8月、9月の毎週木曜日、10/13(木)、10/27(木) 会場:横浜美術館、日本郵船海岸通倉庫、その他周辺地域 http://www.yokohamatriennale.jp/

ブログのカレンダー

2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031