淺井裕介ワークショップ「テープ森をつくろう」レポート:大杉昭雄

6月23日に小学生を対象に開催した淺井裕介ワークショップ「テープ森をつくろう」を、アートサポーターの大杉昭雄さんにレポートしていただきました。

横浜市民ギャラリーあざみ野では、「現代アートを体験しよう あざみ野Workshop Week」という、子どもから大人まで現代アートを楽しめるワークショップイベントを開催。

制作中。手前は淺井さん

子ども達に説明する淺井さん

6月23日(木)には、すすき野小学校の5年生約100名が参加し、ワークショップ「テープ森をつくろう」が行われた。
子ども達とアーティストの淺井裕介さん、ヨコハマトリエンナーレ2011サポーター及びあざみ野アートサポーターが参加。
10時ごろより入口の床から太い幹に緑、青、黄、赤、ピンクなどのテープで枝を伸ばし、壁にも草花いっぱいの楽園を描いた。

制作中の子どもたち

制作中の子どもたち

午後は白いテープを貼り合わせて色マジックで描いた約100羽の鳥が、四面の壁に羽ばたき、楽しい「テープ森」が出現した。

描いた鳥は壁に貼り付けて

6月25日(土)にも、中学生以上の参加者とサポーターたち合わせて約30名で、建物の内や外に「テープ森」をさらに描いた。
これから8日間続く楽しいワークショップイベントの幕開けを飾った。

子どもたちと淺井さん

アートサポーター大杉さん
アートサポーター 大杉昭雄

ブログのカレンダー

2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031