アートなピクニック おしゃべりなトリエンナーレツアー 開催しました!

Yin Xiuzhen《ワン・センテンス》の作品の前で

Yin Xiuzhen《ワン・センテンス》の作品の前で

少し薄曇りの土曜日。
視覚障がいのある人とない人が一緒にアートを鑑賞するツアー「アートなピクニック おしゃべりなトリエンナーレツアー」を開催しました。
このツアーは前回のヨコハマトリエンナーレでも開催したもので、今回で2回目。

視覚障がいのある方にも美術鑑賞をお好きな方はいらっしゃいます。
美術館ではほとんどの作品に触れることができませんが、対話による鑑賞方法もあることを皆さんご存知でしたか?せっかく横浜をあげての国際展ですから、そのような方にも来てもらえる機会をということで、今回の企画が実現しました。
視覚に障がいがある方3人を含んだ、合計参加者15人の楽しいツアー!

Tobias Rehberger《他者》の作品の下で

Tobias Rehberger《他者》の作品の下で

まず、見える人がどういう作品なのかを、説明し始めます。
それを聞いていて、今度は視覚に障がいがある人が
「どんな形?」
「どんな色?」
「それを見てどんな気持ち?」
と、いうように対話しながら一緒に作品を鑑賞します。
そうすると気が付かされるのは意外と作品を見ているようで見ていないこと。
見える人も見えているようで見えていないことって結構あるんですね。

Massimo Bartolini《Organi》の前で

Massimo Bartolini《Organi》の前で

特に現代美術作品は想像を膨らませられる作品が多いので、一緒におしゃべりしながら作品を見るととっても楽しい!

Rivane Neuenschwander の作品の前で

Rivane Neuenschwander の作品の前で

最後にみんなでそれぞれの感想を共有。

みなさんと感想を共有

みなさんと感想を共有

また、今回のツアー開催にあたり、あざみ野アートサポーターの有志の皆さんには事前の下見会から参加してもらい、当日の運営でもずいぶんサポートしてもらいました。
また下見会に参加してくださったライトセンターの方、
当日ご協力いただいたトリエンナーレ事務局、
横浜美術館のスタッフのみなさん、ありがとうございました!

集合写真

集合写真


横浜市民ギャラリーあざみ野ではこれからもこのような機会をみなさんにご提供していきたいと思います。

ヨコハマトリエンナーレ 2011 OUR MAGIC HOUR
世界はどこまで知ることができるか?
会期 ~2011年11月6日(日) 11:00~18:00 ※入場は17:30まで ※10/13(木),10/27(木)休
会場 横浜美術館、BankART NYK
http://www.yokohamatriennale.jp/

ブログのカレンダー

2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31