太陽をまちわびる[サイアノタイプ・ワークショップ準備]

みなさん、サイアノタイプという写真技法をご存じでしょうか?

独特の青い色彩が魅力の
写真史初期からある印画法で、
チオ硫酸ナトリウムが写真の定着に有効なことを発見した化学者
ジョン・ハーシェル(1792-1871)によって考案されました。

太陽の光で焼きるつけるため
「日光写真」とよばれていた時代も。

そのサイアノタイプのワークショップを
3月にあざみ野で開催します!

今回のワークショップでは
印画紙の上に直接ものをのせてかたちを写し取る「フォトグラム」と、
参加者の方のお好きなデジタルデータを
サイアノタイプ向けの濃度で出力して
ネガを作ってプリントするいわば「デジタル日光写真」をつくってしまおうという
贅沢な内容。

講師は、
中山岩太、安井仲治などの美術館プリントも手がけられている
印画師の比田井一良さんと、またまた贅沢です・・・!

さて、この日は、講師の比田井さんに来ていただいて
サイアノタイプのテストを行いました。

感光液を塗布して乾かし、
露光します。
この日は風が強く晴れたり曇ったり。
19世紀の人たちもこんなふうにのんびりと、写真を焼き付けていたのでしょうか。 

太陽を待ちながら、19世紀に思いをはせます。

 

無事にきれいな青いプリントが出来上がりました!

 

サイアノタイプ・ワークショップは現在参加者を募集中!

ぜひぜひ、ご応募ください!

ブログのカレンダー

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829