「好きな色★クレヨンづくり」ワークショップレポート

2月11日に、「あざみ野コンテンポラリーvol.2 Viewpoints」展の 出品作家・吉田夏奈さんを講師にむかえてワークショップを行いました。 吉田さんはいつもクレヨンを使って制作していますが、自然の中の色を表現するために、自分でクレヨンを溶かし固めて色づくりをしているそうです。 このワークショップでは、そんな吉田さんの制作過程を体験しつつ、色を楽しみ、考える時間を過ごしました。 まず吉田さんからこの日の手順と色についてのお話がありました。 活動の合言葉は 「みんな なかよく あんぜんに」! そして早速、制作開始。 どんな色をつくるか考えます。 色のイメージができたら、クレヨンを細かく刻んで色を組み合わせていきます。   クレヨンを金属の容器に入れて、湯せんで溶かしていきます。 クレヨンがとろとろに溶けたら、こぼさないようにそーっと型に流し入れます。 この四角い型はこの日のための館長お手製! クッキー型を使うと、かわいい形のクレヨンが出来上がりました。 溶かしたり混ぜたりする加減によって、マーブル模様やモザイク模様のクレヨンもできました。 クレヨンを削って、溶かして、固めて・・・ みなさん作業に夢中で、たくさんの色ができました! 最後に、名刺サイズのカードに完成したクレヨンで色を塗り、それぞれにオリジナルの色の名前をつけました。 完成したカードを一面に並べます。 「瀬戸内海」、「くにたちの桜」、「ポルチーニ茸のリゾット」「おむかえの時間」、「欲望」、「スーパーデリケート」、「おめでたいの」・・・・ 吉田さんが順に読み上げていきます。 名前と色がぴったりのイメージのものもあれば、意外な組み合わせから想像がふくらむようなものまで・・・ みなさんの個性が存分に発揮された色たちでした。 たくさんの色に囲まれて、みなさんの心がぽかぽか温かくなっていくのが感じられる時間でした。 吉田さん、ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました! そして、たくさんのクレヨンをご提供いただきましたぺんてる株式会社様にもお礼申し上げます。

ブログのカレンダー

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829