アートなピクニック-視覚に障がいがある人とない人が共に楽しむ鑑賞会-を開催しました

2月19日、「アートなピクニック-視覚に障がいがある人とない人が共に楽しむ鑑賞会-」を開催しました。
この日は15名の方々にご参加いただき、開催中の「あざみ野コンテンポラリーvol.2 Viewpoints」展を2グループに分かれて鑑賞しました。

「アートなピクニック」は、視覚に障がいがある人とない人がグループをつくり、対話をしながら楽しむ鑑賞会です。
昨秋は「ヨコハマトリエンナーレ2011」でも開催しました。
(そのときの様子はこちらこちらでご紹介しています)

声にだして作品の状況を説明したり、質問をしたり、感想を話し合ったり。
具体的に相手に言葉で伝えようとすることで、より作品をよく見るようになり、また、他者の言葉を受け取ることで作品へのイメージがより豊かにふくらんでいきます。

展覧会を鑑賞した後には、淺井裕介さんの陶芸作品《八百万の神々》を特別に触って鑑賞しました。
土のあたたかさやもみがらの感触がさらに作品のイメージを膨らませてくれます。

参加された方々からは
「いつもよりじっくりと作品を見て、普段気づかないことに気づいた」
「情報ではなく、主観で作品をみるという体験が新鮮だった」
「現代アートを普段見ている人もそうでない人も、常にその作品に対するのは初めての体験。特にこの鑑賞会は『初めて』の気持ちを大切にしてくれる」
「数十年ぶりの美術鑑賞。視覚障がいがあると、普段の生活では『安全か/安全でないか』というものの見方をしがちだが、今日は普段とは違う脳の部分を使ってとても新鮮だった」
「4人のアーティストそれぞれの『描く』ことへのアプローチが違って印象的」
「アーティストが描くことで自分を超えようとしていると感じた」
などなど、展覧会や鑑賞会へのたくさんの感想をいただきました。

この鑑賞会は、今後もみなさんと一緒に育てていきたい鑑賞会です。
次回「アートなピクニック」は、2012年6月~7月に開催する「横浜wo発掘suru vol.3」でも開催を予定しています。
ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。

ブログのカレンダー

2012年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829