「ART×DANCE 2012」展 山下残パフォーマンスのご紹介!

ART×DANCE 2012のみどころのひとつは、毎日ダンスパフォーマンスが行われるということです!

22日間の会期中、17回のパフォーマンスを行う山下残さん。
2010年に高松市美術館で美術家・カミイケタクヤさんの作品展示にあわせて制作、初演された《大行進》を上演します。展覧会の出品作として展示室内でロングラン公演を行うという、山下さんにとっても初めての挑戦となります。

山下残 《大行進》 TPAM in Yokohama 2011

出品にあたり、美術として必要なのが本物の線路。本作では写真のとおり、ドーンと真ん中に線路が置かれます。今回、横浜での調達にこだわり、東急電鉄さんのご協力により実現することとなりました!1本150~200kgにもなるレール数本と、50~60kgの枕木が展示室にやってくるので、スタッフもドキドキです!

出演者は山下さん一人。言葉・動き・ものを通し、ときにユーモアや観客とのやりとりも交えながら、相反するような日常と非日常の情景が織り交ぜられ同時に描かれていく《大行進》。上演を重ねることでどのような変化が生まれてくるのかも楽しみです。

事前申込不要、入場料(一般300円)のみでパフォーマンスもご覧いただけます!
上演日時など詳細はこちらをご覧ください。

[参考リンク]
山下残ホームページ

ブログのカレンダー

2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031