あざみ野フォト・アニュアルまであと2週間をきりました!

いよいよ2月2日からあざみ野フォト・アニュアル「写真家 石川真生-沖縄を撮る」、「平成24年度横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展 アメリカ写真の黎明」が始まります。今回はなんと展覧会のチラシをそれぞれ3種類作っていますが、みなさんご覧いただけましたか?

石川真生展の表の写真は《熱き日々 in オキナワ》というシリーズの作品で、沖縄の米兵と日本人女性の生活を、石川さん自身が外人バーで働きながら1975~1977年に撮影したもの。ネガがなく、何百枚ものプリントだけが残されている石川さんの貴重なデビュー作です。展覧会ではそのなかから選りすぐりの作品をプリントとスライドで展示します。当時の空気感がにじみでるように伝わってくる作品で、展覧会でまとまって見られるのがとても楽しみです。

こちらはコレクション展です。表紙は、ジョン・アダムス・ホイップルとマシュー・ブレイディスタジオが撮影したダゲレオタイプ(銀板写真)と、彩色された南北戦争の北軍兵士の写真。
額やケースに大切におさめられた写真の存在感が、写真に出会った時代の人々にとって、自分や大切な人の似姿がいかにかけがえの無いものだったかを伝えてくれます。

どちらもデザインは須山悠里さんです。
会場では、石川真生展は全16ページ、アメリカ写真の黎明展は全8ページのパンフレット(もちろん、カラー写真はカラーで掲載!)を無料でお配りします。ご来館いただいたお客様にはよく驚かれますが、当館では展覧会の際に、無料にしてはかなり豪華なパンフレットを配布しているのです。ただいま作成中ですが、今回もいいものが出来そうです。
どちらも部数限定ですので、絶対に欲しいという方はぜひお早目にご来場ください!!

展覧会詳細はこちらをご覧ください。

ブログのカレンダー

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031