「写真家 石川真生―沖縄を撮る」アートなピクニックを開催しました。

横浜市民ギャラリーあざみ野では、企画展ごとに「アートなピクニック-視覚に障がいのある人とない人が共に楽しむ鑑賞会」を開催しています。
今回鑑賞したのは1階展示室で開催中の「写真家 石川真生―沖縄を撮る」展。12名の方にご参加いただきました。

アートなピクニックは、学芸スタッフが作品の解説を行うのではなく、参加者のみなさんが主体となって作品を鑑賞します。グループになって会場を回り、お互いにお話をしながら作品を見ていきます。今回は展覧会の会期中に石川真生さんご本人がずっと会場にいらっしゃるということで、途中、石川さんともお話したりしました。

石川さんの作品やご本人からパワーや気迫を感じたり、沖縄そのもについて考えをめぐらせたりしながらの1時間半の鑑賞時間。一つひとつ「ああじゃないか、こうじゃないか」とそれぞれが思ったことを述べ合いながら見ていくと、あっという間に時間が過ぎて行きました。

視覚に障がいのある方とない方、そしてさまざまな年代の方が一緒にお話をしながら作品を見ていくことで「自分が気付かなかった気付きがありとても楽しかった」「同じものでも見る目が変わりとても参考になった」と、新たな楽しみが生まれました。

次回のアートなピクニックは6月の開催を予定しています。
みなさまのご参加をお待ちしております!

ブログのカレンダー

2013年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728