「神奈川フィルハーモニー管弦楽団による弦楽四重奏~ワインとクラシックの意外な関係 ソムリエを迎えて楽しいお話とともに~」を開催しました。

2013年6月16日(日)レクチャールームにて「神奈川フィルハーモニー管弦楽団による弦楽四重奏~ワインとクラシックの意外な関係 ソムリエを迎えて楽しいお話とともに~」開催しました。

 

今回の公演は弦楽四重奏の演奏と、ソムリエと指揮者によるワイン×クラシック音楽のトークを交互に聴くという一風変わった構成になりました。

神奈川フィルハーモニー管弦楽団企画プロデューサーの別府一樹さん(写真左)を聞き手に、ソムリエの金野孝則さん(写真中央)、指揮者の永峰大輔さん(写真左)をゲストスピーカーに迎え、それぞれの歴史や地域特性などのお話が繰り広げられ、驚くほどたくさんの共通点があることがわかり、魅力や奥深さを知ることができました。

もちろん、弦楽四重奏団の演奏も盛りだくさん。

『踊り明かそう』から始まり、お二人の話に沿った楽曲をチョイスしての構成で、実に贅沢。

あまり演奏されることのない山田耕筰作曲の『弦楽四重奏曲第2番』まで、幅広い曲目を演奏してくださいました。

アンコール曲は、ヴェルディ作曲の『乾杯の歌』を。

みなさんからの熱い要望で、永峰さんに指揮をふっていただきました。

お二人のトークを交えることで、演奏を楽しむだけでなく、ワインとクラシックの知識を深めることができる公演になりました。

 

演奏

ヴァイオリン 平井茉莉 鈴木浩司

ヴィオラ 高野香子

チェロ 迫本章子

 

演奏曲目

F.ロウ作曲 ミュージカル「マイ・フェア・レディ」より『踊り明かそう』

モーツァルト作曲 アレルヤ

ベートーヴェン作曲 弦楽四重奏曲第2番より第2楽章

J.シュトラウス作曲 皇帝円舞曲

 

サティ作曲 ジュ・トゥ・ヴ

プッチーニ作曲 歌劇「トゥーランドット」より『誰も寝てはならぬ』

アンダーソン作曲 舞踊会の美女

山田耕筰作曲 弦楽四重奏曲第2番

チャイコフスキー作曲 アンダンテ・カンタービレ

ヴェルディ作曲 乾杯の歌

ブログのカレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930