ワークショップ「想像するアニメーション」を開催しました

6月23日、「アニメーションのつくり手たち」展の関連ワークショップ「想像するアニメーション」を開催しました。
講師は、出品作家でアニメーション作家の和田淳(あつし)さん。

会場にはたくさんの方々にお集まりいただきました。
この日取り組んだのは、和田さんから提示された5種類の絵を自由につなげてアニメーションを考える、というもの。
最終的にアニメーションになることを想像しつつ、この日は絵か文章で表現しました。
その課題が、こちら。

和田さんの絵の魅力がいっぱい!
でもこれをどう組み合わせようかと考えると、むむ、難しい・・・。

和田さん自身も「難しい」と言っていた難題に、みなさん集中して取り組みます。

和田さんは会場を回ってアドバイス。

みなさん完成したところで、お互いの作品を鑑賞しました。
そして、和田さんが選出した6名に発表をしてもらいました。

文章で表現した方は朗読で発表。

絵で表現した方には、絵を映しだし、言葉で説明しながら発表していただきました。

発表者6人のなかで「和田淳賞」に選ばれた方の発表。

美しい色合いの絵に、独自のストーリーが繰り広げられていました。

和田さんはこのワークショップのように、脈絡のない場面を考え、それをつないで動きを考えていくという方法で制作することがあるそうです。
今回は、そのような和田さんの思考方法を体験してもらう場でしたが、参加されたみなさんはそこにそれぞれのオリジナリティをプラスして、様々な世界観を披露してくれました。
ご参加いただいたみなさん、和田さん、どうもありがとうございました。

ブログのカレンダー

2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031