「アートなピクニック-視覚に障がいのある人とない人が共に楽しむ鑑賞会」を開催しました。(「アニメーションのつくり手たち」展)

企画展ごとに開催している「アートなピクニック-視覚に障がいがある人とない人が共に楽しむ鑑賞会」。今回は「アニメーションのつくり手たち」展を鑑賞しました。

アニメーション作品の鑑賞がメインということで、まずは展覧会とは別会場の特設スクリーンで5作品を鑑賞しました。各作品につき一人、画面の様子を主に説明する人を決めて鑑賞を進めました。
次から次へと展開していくアニメーションを言葉で説明するのは難関!みなさん苦戦しながらも、説明者が語りきれない部分をまわりの人が補いながら、一緒に作品を見ていきました。

一作品を見終えるごとに、作品についての意見や、画面説明の仕方の改善点を話し合いました。

5作品を見終わった後は、展示室で原画や撮影のためのセットなどを2グループに分かれて鑑賞しました。この日は、出品作家のONIONSKINのお二人もアートなピクニックに飛び入り参加してくださり、アーティストのお話も聞くことができた豪華版でした!下の写真の帽子をかぶっているのがONIONSKINの田村総和さん、その左が菅谷愛さん。

今回は、開催当日に備え、どのように鑑賞会を進めればよいか、アートサポーターのみなさんと一緒に事前に検証して臨んだアートなピクニックでした。初めて見るアニメーション作品をいきなり言葉で説明するのはなかなか難しく、ひとつのチャレンジでしたが、参加者のみなさん、アートサポーターのみなさんが苦心しながらも積極的に参加してくださり、みんなで作品を楽しむことができました。
今後も展覧会ごとによりよい鑑賞会にしていきたいと思いますので、みなさんぜひ参加してみてください!(次回は11月の開催予定)

ブログのカレンダー

2013年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031