「あざみ野アートクラブ」開催しました

2014年2月15日大雪の翌日、
あざみ野フォト・アニュアル「写真の境界」展ギャラリートークの後は
子どものための鑑賞講座「あざみ野アートクラブ」を開催しました。

こんな雪じゃ誰も来られない・・・と思っていたら、なんと参加者1名!
たっぷり時間をかけてじっくり鑑賞しました。

この講座では作品解説というよりは、
作品をみて自分が思ったこと、考えたことを言葉にしていきます。
どの作品が好き?どんなところが好き?
そんなお話をしながら、鑑賞をすすめていきました。

ちなみにこの写真の中で、彼女が一番気に入ったのは、
どこかの県のような形に見える地図みたいな一枚だそうです。
みなさん、どの一枚かわかりますか?
日本列島のようなかたちも見つけました。

今回は出品作品をまねして、作品になりきってみたりもしました。
観ることと体験することの両方をやってみると、
作品がより身近に感じられるかな?

鑑賞の後は、制作にも挑戦。

写真の様子をみながら、「きっとこんな感じ」「きっとこんな気持ち」を
彫刻してみました。

最後は横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展「戦争とカメラ」を鑑賞しました。

デジタルカメラが身近な子どもたち、昔のカメラは新鮮だったようです。

この「あざみ野アートクラブ」は企画展ごとに開催します。
展覧会ってどんなもの?どんな風にみたらいいの?という時はぜひ、遊びにきてください。
観ることつくることの両方を体験してみましょう!

ブログのカレンダー

2014年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728