「Listen to the Daxophone」展 開幕!

ドイツの奇才ハンス・ライヒェルと日本の即興音楽の第一人者・内橋和久による新しい音の世界を紹介する企画展が本日開幕しました。

会場内には新作サウンド・インスタレーション《ein Wald von Daxophone-ダクソフォンの森》が出現しました。ダクソフォンの音が17個のスピーカーを次々に駆け巡ります。

320本のタング(木片)がずらりと並ぶ様は圧巻です。ハンス・ライヒェルが手作りしたタングは、ユニークな形状だけでなく、天然素材のテクスチャーも楽しめます。トウヒ、ヒマラヤ杉、松、トネリコ、ローズウッド、黒壇、オーク、カエデ等、様々な木の表面を目の細かいスチールウールでひたすら磨いたそうです。

会場内では、どのタングがどんな音を奏でるのか、サンプラーで実際に8種類の音源を聴き比べることができます。写真はサンプル音源を録音中の内橋さん。

皆さまのご来場をお待ちしています!

あざみ野コンテンポラリーvol.5
ハンス・ライヒェル×内橋和久
Listen to the Daxophone

2014年5月31日(土)~6月15日(日)
10:00~18:00
横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室1
入場無料
詳細はこちら

ブログのカレンダー

2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031