「山口勝弘展―水の変容」10月18日から開催!

横浜の芸術資源としての作品やアーティストを発掘し、紹介するシリーズ展「横浜wo発掘suru」。これまで「vol.1 黄金町のアーティストたち展」「vol.2 現代アートを体験しよう あざみ野 Workshop Week」「vol.3 しりあがり寿★ワールド ゆるとぴあ」「vol.4 山村浩二がえらぶ新世代 アニメーションのつくり手たち」と、毎年1回、多彩な顔ぶれでお届けしてきましたが、今回の「vol.5 山口勝弘展―水の変容」が最終回となります。

トリを飾るのは、メディアアートの先駆者として知られる横浜市青葉区在住のアーティスト・山口勝弘さん!山口さんは2001年に病に倒れた後遺症で車椅子での生活を送っていますが、86歳を迎える現在も絵画を中心に制作活動を行っています。いつも次々と新しいアイディアを頭のなかで巡らせているご様子からは、60年以上にわたってアーティストとして第一線で活躍してきたオーラがヒシヒシと伝わってきます。

展覧会の打合せ中の山口勝弘さん

今回の展覧会は「水の変容」がテーマです。水のゆらゆらとしたゆらめきは、絶えず変化して人間の知覚に働きかけ、時にさまざまな表情をみせます。山口さんは長年にわたり、そこから無限のインスピレーションを得て創作の源泉としてきました。今回は、それらの水をテーマにした作品のなかから、近作の映像・絵画作品を中心に、見られる機会の少ない貴重な旧作の映像作品も交えて展示し、山口勝弘の深遠な作品世界に迫ります。

どうぞお楽しみに!

詳細はこちらをご覧ください。

ブログのカレンダー

2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930