佐々木 愛 2012年11月時点の情報に基づく

1976 年大阪府生まれ。大阪在住。人々が心の中に持つ「記憶」から呼び起こされるような世界を、砂糖などの身近な素材を使用したインスタレーションやペインティングにより発表している。滞在先の風景を元に、古い文様や物語からイメージした作品は、限定された期間で展示され、やがては取り壊され、鑑賞者の記憶にのみ残される。近年は銀色や白色の細かな線描によって繊細な風景を描き出す版画作品や、可視と不可視を揺れ動くようなドローイング作品などを発表。青森、韓国、ニュージーランド等のレジデンスに積極的に参加。2010 年にはポーラ美術振興財団在外研修生としてオーストラリアに滞在した。2012年あざみ野コンテンポラリーvol.3 ART×DANCE 2012(横浜市民ギャラリーあざみ野)参加。

関連画像

佐々木愛
《光》2011年 紙・色鉛筆・水彩

佐々木愛
《振付けのことばのための絵》2012年 36×26cm紙・アクリル・色鉛筆

佐々木愛
《振付けのことばのための絵》2012年 24.5×31.5cm紙・アクリル・色鉛筆

佐々木愛
《Time to Live》2010-2012年 紙・油彩

佐々木愛
《Time to Live》2010-2012年 紙・油彩

関連動画

佐々木愛インタビュー