和田 淳 2013年4月時点の情報に基づく

1980年兵庫県生。大阪教育大学、イメージフォーラム付属映像研究所、東京藝術大学大学院で映像を学ぶ。2002年頃から独学でアニメーションを制作しはじめ、『鼻の日』(05)がノーウィッチ国際アニメーション映画祭短編部門でグランプリ、『わからないブタ』(10)がファントーシュ国際アニメーション映画祭でBestfilm、文化庁メディア芸術祭で優秀賞等国内外の映画祭で受賞。『春のしくみ』(10)がベネチア映画祭オリゾンティ部門で上映され、『グレートラビット』(12)がベルリン国際映画祭短編部門で銀熊賞を受賞する。

受賞歴

2005年  ノーウィッチ国際アニメーション映画祭短編部門グランプリ(『鼻の日』)
2010年  ファントーシュ国際アニメーション映画祭Best filmを受賞(『わからないブタ』)
2011年  文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞(『わからないブタ』)
2012年  ベルリン国際映画祭短編部門銀熊賞(『グレートラビット』)
2013年  文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞(『グレートラビット』)

関連画像

和田淳
《わからないブタ》2010年 10分

和田淳
《春のしくみ》2010年 4分

和田淳
《グレートラビット》2012年
ドローイング、1920×1080

関連動画

)

「鼻の日」和田淳アニメーション作品 Hana no hi (Day of Nose)