清水 千秋 2013年11月時点の情報に基づく

1967年生まれ、滋賀県在住。1987年より「やまなみ工房」に所属。
写真や画集から気に入ったモチーフを選び下絵に起こすと、そこにはコピーではないオリジナルの世界が広がる。細かく目の揃ったチェーンステッチで輪郭を縁取り、色を塗り込むかのように刺繍糸で縫い込む。《すっぽん祭り》《渡辺直美》《はるな愛》…タイトルからもわかるように、針を進めていくたびにモチーフが彼女を取り巻く身近な人物やテレビの芸能人などに変化していく。彼女にとって刺繍は寝ることや食べることと同じくらい大切であたりまえの行為。完成すれば次の作品へと向かう。これまで一人の世界で繰り返し、満たされていた気持ちだったが、近年様々な場所で評価され、今まで感じたことのなかった喜びは彼女の世界を更に広げようとしている。

関連画像

清水千秋
《すっぽん祭り》2010年 綿刺繍糸、綿布 photo:Ken Kato