尾崎 文彦 2015年10月時点の情報に基づく

尾崎 文彦
1978年生まれ。1997年よりクラフト工房La Manoに所属。独特のバランス感覚と造形感覚を活かし、迷いのない線でダイナミックに描きます。何を描いてもユニークで生き生きとした表情があり、ほっとするユーモアもあります。尾崎さんの人柄そのものです。

略歴

個展

2010年  「尾崎文彦の元気」早稲田大学會津八一記念博物館 / 東京
2014年  「尾崎文彦 絵画展 どうぶつたち」AC,GALLERY / 東京
2015年  「Fellow Art Gallery vol.18 尾崎文彦展 むふふなカタチ」横浜市民ギャラリーあざみ野 / 神奈川

主なグループ展・公募展

2011〜2015年  ポコラート全国公募展入選
2012年  「Good Job!—障害とアートとデザインの新しいかたち展—」/ ふなばしアンデルセンこども美術館 / 千葉
2013年  「このアートでワクワクする」/ ふくやま美術館・鞆の津ミュージアム / 広島
   「Collect展」韮崎大村美術館 / 山梨

関連画像

尾崎 文彦
《とけい》2007年、パステル、アクリル、紙

尾崎 文彦
《ゴリラ》2012年、パステル、アクリル、紙

尾崎 文彦
《パグ》2012年、パステル、アクリル、紙