林 剛人丸 2014年8月時点の情報に基づく

林 剛人丸

1968年生まれ。筑波大学大学院修了。飛ぶことや浮かんでいることを作品化する制作やワークショップを展開している。参加した主な展覧会に2003年、2006年、2009年「越後妻有トリエンナーレ」(新潟)、2011年「CAFE in MITO 2011かかわりの色いろ」(水戸芸術館現代美術センター)、2012年「ひらり、ふわり―想いを乗せて」(川口市立アートギャラリー・アトリア)、同年「福島現代美術ビエンナーレ2012」(須賀川市)などがある。2008年からは小中学生を対象にした現代美術の鑑賞プログラム「あーとバス」(水戸芸術館現代美術センター)の企画監修を務めている。

関連画像

林 剛人丸
画像提供:川口市立アートギャラリー・アトリア