栗原 和秀 2013年4月時点の情報に基づく

栗原和秀

1983年生まれ。2003年浦和太陽の家の表看板を皆で作ったことをきっかけに木工の仕事を始め、カラフルな木のパーツを昆虫採集の標本のように自由に貼り付けていく作品をつくる。2009年頃から木のパーツに動物や乗り物の絵を描いたものや、小さな木のチップにアルファベットや数字などを呪文のように書き加えた作品へと変化。見る人によって捉え方が異る不思議な作品世界を展開している。

略歴

主な個展

2012年 「Fellow Art Gallery vol.7 工房集の作家たち第1期 栗原和秀展」横浜市民ギャラリーあざみ野 / 神奈川

主なグループ展

2009年  「工房集とその仲間たち展」マキイマサルファインアーツ / 東京
2010年  「工房集木工作品展」温々ギャラリー / 東京
2011年  コラボレーション展「アートが生まれる場所」アートギャラリーアトリア / 埼玉
 ポコラート全国公募展2011 アーツ千代田3331 / 東京
 川口新鋭作家2次選考 アートギャラリーアトリア / 埼玉

関連画像

栗原和秀
《無題》
photo:今井紀彰

栗原和秀
《無題》
photo:今井紀彰

栗原和秀
《無題》
photo:今井紀彰