関川 航平 2020年11月時点の情報に基づく

関川 航平
1990年宮城県生まれ。2013年筑波大学芸術専門学群特別カリキュラム版画コース卒業。パフォーマンスやインスタレーションなど様々なアプローチで制作を行い、作品を介して起こる意味の伝達について考察している。 近年の主なグループ展に、2020年「THEY DO NOT UNDERSTAND EACH OTHER」大館美術館(香港)、2019年「二つの部屋、三つのケース」京都芸術センター(京都)、2018年「開館 40 周年記念展 トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」国立国際美術館(大阪)、企画に、2019年「5月」以外スタジオとそれ以外(東京)、2018年「漂白する私性 漂泊する詩性」横浜市民ギャラリー(神奈川)などがある。

関連画像

関川航平
《Figure》2015 / 紙、鉛筆 / 39.4×50.9cm

関川航平
《Figure》2015 / 紙、鉛筆 / 39.4×50.9cm

関川航平
《Figure》2016 / 紙、鉛筆 / 50.9×39.4cm

関川航平
《Figure》2016 / 紙、鉛筆 / 50.9×39.4cm

関川航平
《Figure》2016 / 紙、鉛筆 / 50.9×39.4cm

関川航平
《あざみ野コンテンポラリーvol.11 関川航平 今日》会場風景 photo: Masanobu Nishino

関川航平
《あざみ野コンテンポラリーvol.11 関川航平 今日》会場風景 photo: Masanobu Nishino

関川航平
《あざみ野コンテンポラリーvol.11 関川航平 今日》会場風景 photo: Masanobu Nishino

関川航平
《あざみ野コンテンポラリーvol.11 関川航平 今日》会場風景 photo: Masanobu Nishino

関川航平
《あざみ野コンテンポラリーvol.11 関川航平 今日》会場風景 photo: Masanobu Nishino

関連動画

関川航平インタビュー[横浜市民ギャラリーあざみ野]

あざみ野コンテンポラリー vol.11 関川航平 今日 [展示ドキュメント]

関川航平 Sekigawa Kohei インタビュー [横浜市民ギャラリーあざみ野]