井口 直人 2020年7月時点の情報に基づく

1971年生まれ。名古屋市在住。街のコンビニと施設のコピー機を使って、自分の顔とその時々の気に入ったものを写し取ることを毎日の日課としている。ガラス面に顔を押し付け自分でボタン操作し、センサー光の動きと共に身体を動かすことで、画面に独特の歪みを作り出す。作品中に多用されるシールは、施設でのリサイクル作業中に剥がした景品応募シールで、これまで何度も当選している。近所のコンビニには20年ほど毎日通っており、終わると店員さんが手際よくガラス面についた顔の脂を拭いてくれる。

関連画像

井口 直人
《無題》2019年 紙、インク、複写機