志村 信裕 2013年4月時点の情報に基づく

志村信裕

1982年東京都生まれ、横浜市在住。2007年武蔵野美術大学大学院映像コース修了。無数の待ち針や、金の鈴を映像のスクリーンにするなど、身近な日用品を利用しながら意表をつく映像インスタレーションをつくりだす。近年は「黄金町バザール」(横浜)、「あいちトリエンナーレ2010」(名古屋)、「トレジャーヒル・パブリックアートプロジェクト」(台北)など、都市の隙間や屋外のパブリックスペースに映像作品を展開している。


		

関連画像

志村信裕
《translate》2010年、映像インスタレーション
(新竹市玻璃工藝博物館(台湾)での展示風景)

志村信裕
《ribbon》2010年、映像インスタレーション
(あいちトリエンナーレでの展示風景)
photo(C)Tetsuo Ito

志村信裕
《jewel》2010年、映像インスタレーション
(横浜市民ギャラリーあざみ野での展示風景)
photo(C)Ken Kato

関連動画

志村信裕インタビュー