金理有(キム・リユ) 2016年1月時点の情報に基づく

金理有(キム・リユ)
Riyoo KIM 1980 年日本人の父、韓国人の母のもと大阪府に生まれる。2006年大阪芸術大学大学院芸術制作研究科修了。主なグループ展に2007年「と よた美術展’07」豊田市美術館(愛知)、2009年「神戸ビエンナーレ2009・現代陶芸展準大賞受賞」神戸メリケンパーク(兵庫)、2010年「BASARA」スパイラ ルホール(東京)、2011年「ヨコハマトリエンナーレ2011」横浜美術館(神奈川)、2013年「ARTs of JOMON展」hpgrp NY(アメリカ)、「パラミタ陶芸大賞展 」パラミタミュージアム(三重)、2014年「NEO FOLK」Ikkan gallery(シンガポール)、個展に「Hypotharamaniac」日本橋高島屋美術画廊X(東京)。パブリ ック・コレクションに浄土宗大本山、増上寺宝物庫など

関連画像

金理有
≪アルジャーノンの花瓶≫ 2011年 / セラミック (c)Yokohama triennale

金理有
≪虚視坊≫(c)Tadanobu Omote