東松 照明 2013年4月時点の情報に基づく

SONY DSC

1930年愛知県名古屋市生まれ。戦後日本を代表する写真家の一人。1974年に自身が中心となって開校したWORKSHOP写真学校で石川真生を指導。ライフワークとして沖縄や長崎を見つめる作品を撮り続け、沖縄の精神性をとらえた代表作『太陽の鉛筆』(1975年、毎日新聞社)では日本写真家協会年度賞、毎日芸術賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞。1995年紫綬褒章受賞。その他受賞多数。2012年12月沖縄県那覇市にて逝去

関連動画

インタビュー 写真家 東松照明―石川真生を語る