ART×DANCE2012 佐々木愛×酒井幸菜アーティストトークを開催しました。

11月11日まで開催中の「ART×DANCE2012」展。出品作家の佐々木愛さんと酒井幸菜さんのアーティストトークを開催しました。

今回の展覧会では、お互いの作品をクロスさせ作品制作を行ったお二人。
振付家・ダンサーの酒井幸菜さん(写真下・右)は、アーティスト・佐々木愛さん(写真下・左)による絵をスライド上映する作品に着想を得て新作ダンス作品を制作し、展示空間で踊ります。
そして佐々木さんは、酒井さんがダンスを制作する際に書き留めてきた《振付けのことば》を受けとり、新作のドローイングを描きました。

お互いの作品を受け取った後、どのような考えでつくったものなのかは相手に質問せず、自分が作品から感じたことをそれぞれの表現方法で出力した佐々木さんと酒井さん。

当初《振付けのことば》を受け取る前、エモーショナルで動的なものをイメージし、瞬発力を活かした絵を描くことを考えていた佐々木さん。しかし、いざ受け取ってみると、とても整えられた構築的なイメージを持ったので、《振付けのことば》から浮かんだイメージを習作として何回も描きながら「最後の一枚」を生み出したそうです。

会場では佐々木さんのドローイングがこんな風に展示されています。壁面にペイントされた絵は、それぞれの《振付けのことば》に対し舞台をイメージして描いたとのこと。

酒井さんは、自分が見た幻の風景やその要素をことばに書き留めてダンスを制作されています。舞台作品をつくるというよりは、美術のインスタレーション的な感覚で作品づくりに取り組んでいるそうです。

酒井幸菜 《光る森、青い樹》 2012年


佐々木愛 《Time to Live》 2010-2012年

佐々木さんの木の生命をテーマにしたスライド作品《Time to Live》を受け取った際、時が一方向に進みながらも何か浮遊しているようなイメージを持ち、それを作品に表したいと思ったとのこと。展示準備期間中、最後まで空間がしっくりこず色々考えていると、枝が浮いている風景がパッと見えたそうです!そうしてパフォーマンスを行う空間に木の枝が配置され、緊張感のある空間がつくられたのでした。

制作中はそれぞれの作品の内容についての話はあまりしないようにしていたお二人ですが、お互いの作品が出来上がってみると、自分が持っていたイメージが何も言わなくても相手にきちんと届いていたことを感じられたようです。

佐々木さんと酒井さん、二人の世界が響きあう素敵な展示空間をお楽しみいただけるのは11月11日まで!
酒井幸菜さんのダンスパフォーマンスは11月10日(土)14:00~上演します。
お見逃しなく!!

「アートなピクニック-視覚に障がいがある人とない人が共に楽しむ鑑賞会」を開催しました。

横浜市民ギャラリーあざみ野では、視覚に障がいのある人とない人が、お話をしながら一緒に展覧会を楽しむ鑑賞会「アートなピクニック」を企画展ごとに開催しています。
今回は11月11日まで開催中の「ART×DANCE2012」展を鑑賞しました。

始まる前から参加者のみなさんは和やかな雰囲気。
自己紹介や展覧会の説明の後、3~4人のグループに分かれ展示室へ向かいました。
みなさん「早く展示が見たい!」というご様子。


「ART×DANCE2012」展は、写真・絵画・インスタレーション・ダンスなど、さまざまなジャンルを横断した展覧会となっています。
上の写真では、振付家・ダンサーの酒井幸菜さんによる《振付けのことば》をもとに、アーティストの佐々木愛さんが描いた絵を鑑賞中。《振付けのことば》を読みながら作品のイメージをふくらませます。

山下残さんの展示スペースには、薄暗い中に線路や小屋、さまざまな日用品などものがたくさん。
あんなものがある、こんなものあると転がっているものを観察すると、視覚障がい者の方にも雑然とした会場のイメージがよく伝わります。この日は山下さんのパフォーマンスは見られませんでしたが、山下さんが不在の展示室でパフォーマンスに思いを巡らせます。

また、亀井佑子さんの写真作品では、こんなふうに作品中の不思議なポーズを真似してみたり…。
体をつかって作品を感じてみます。

約1時間の鑑賞を終え、お互いの感想を共有しました。みなさんそれぞれお気に入りの作品が異なり、グループによる鑑賞の仕方の違いも発見!ほかの人がどんなふうに作品を楽しんだのか聞くこともこのアートなピクニックの楽しみです。
「ダンスの展示は最初は難しそうに思ったけれど、色々想像しながら見ると楽しく、世界が広がった。」「静かなモノから、動きがないのに動きを感じた。」といった感想が寄せられました。

次回のアートなピクニックは、2月の「あざみ野 フォト・アニュアル」で開催します。
皆さまのご参加をお待ちしております!

子どものためのプログラム「あざみ野アートクラブ」レポート

子どものための鑑賞講座「あざみ野アートクラブ」では、現在開催中のあざみ野コンテンポラリーvol.3「ART×DANCE 2012」を鑑賞しました。

「あざみ野アートクラブ」は「展覧会ってどんなもの?」という子どもたちに
展覧会に親しんで楽しむきっかけになれば、とはじめたプログラムです。
3回目となる今回は、参加した子どもたちとお話しながら展示室をまわって鑑賞しました。

展示室1階の亀井佑子さんの展示では、
亀井さんがフェンスにのっている写真をみながら、
「なんだか空をとんでいるみたい」と感想が。

手と足がまっすぐに写っている《in the grid》のシリーズでは、
どうやって手と足を撮影したのか試してみました。
右手と左足をまっすぐにして、
反対足がは画面にはいらないように上にあげて・・・
もしかして手の人と、足の人で二人でやっているのかも!と色々相談してみましたが、
なかなかうまくいきません。

あれこれ試していると亀井さんご本人が偶然展示室にいらしたので、
どうやって撮影したのか直接教えていただきました。

亀井さんによるとこのシリーズは体の柔軟性が重要で、
写真に写っていない顔は、背中をたくさん反って上を向いているそうです。
それからカメラをどこに置くのか、亀井さんはいつも考えていて、
今回は床面ギリギリでした。
こうして撮ると顔が入りにくいようです。
あれこれ教えてもらい、
「いっせいの~せ!!」と写した一枚がこれです。
なんと亀井さんご本人に撮影していただきました!

なかなかの出来ですよね?
《in the grid》あざみ野バージョン!!
実際にやってみると作品がぐっと身近に感じられた気がします。
アーティストご本人にお話を聞けたのは、
現代美術ならではですよね。
この後は、たっぷりと他の展示もみてまわりました。

今年度の「あざみ野アートクラブ」は残すところあと1回。
来年2月の写真展で開催します。
展覧会ってよくわからないけれど、どんなものかな?と興味が湧いたら
ぜひ参加してみてくださいね。
作品解説ではないけれど、
まずは自分がどう思ったかなどを言葉にしながら
鑑賞を楽しんでみませんか?

ART×DANCE2012 亀井佑子さんアーティストトークを開催しました。

現在開催中の「あざみ野コンテンポラリーvol.3 ART×DANCE2012」展。
出品作家の一人、亀井佑子さんのアーティストトークを開催しました。

大学までダンスを学び、現在は写真・映像・インスタレーションを表現手段としている亀井さん。
今回は、亀井さんの写真作品を旧作・新作を交え一望できる展示となっています。
展示会場で作品制作をしながら考えていることを語ってくださいました。

都市や郊外などさまざまな空間に自身の身体を置いた作品は、街に出て「なんだろうこの空間は?」と思ったところから制作がはじまります。日常生活の空間を舞台装置のように感じることもあるそう。カメラ位置を考え、ポーズを決めていくのは振付家の役割にも近く、ポーズのバランスがとれたところで他の人にシャッターを押してもらっているとのこと。

亀井佑子《untitled (fence) #1》2009年 70x56cm タイプCプリント

写っている亀井さんは後ろ姿が多いですが、顏が向いている方向だけでなく360度を意識するダンサーとしての感覚が撮影中もバリバリに働いているのだとか!ダンサーとしての身体感覚や思考をもとに、何ということのない空間の見え方を変えてしまう亀井さんの作品。
作品同様さわやかなお人柄が感じられるトークとなりました。

「あざみ野コンテンポラリーvol.3 ART×DANCE2012」は11月11日まで。お見逃しなく!

11月4日(日) あざみ野マルシェVol.3 開催!

 

無農薬野菜や質の良いバターを使った手作り菓子など、体にやさしい食べ物ばかりを集めた一日限定の市場(マルシェ)です。
11月4日(日)10:00にオープンします!
今回はあざみ野マルシェ初登場の2店舗を含む、6店舗が出店します。

・日総ぴゅあ
日総ぴゅあオリジナルのハーブ&ティ【ぴゅあたいむ】は、純粋(ぴゅあ)な香りと味を楽しむ新感覚のお茶。
スリランカの高級ウバ紅茶をベースに、香り豊かなハーブをブレンドしているので一般的なハーブティと比べ、とても飲みやすくお作りしています。

☆今回も、マルシェ限定『お洒落缶ギフト』を販売!
お好みでリフレッシュブレンド(癒し)・ウエルネスブレンド(健康)・コスメティックブレンド(美容)
ハーブ&フレーバーがチョイスできます 
内容量 《お洒落缶ギフト》 ¥840 TeaBag10パック入り

日綜ぴゅあ

☆スタッフみんなで作った雑貨をご用意しました 『ビーズアニマル』 ¥200
きれいなキラキラビーズで作ったどうぶつの顔がキュートです チェーンがついているのでBAGなどに付けて、いつも一緒にいかがですか

日綜ぴゅあ

http://www.nisso-pure.co.jp/


・横浜シフォン
横浜市青葉区に工房を構えて、厳選された素材のみを使い、美味しさにこだわったシフォンケーキ専門店です。
毎回好評のあざみ野限定シフォンケーキも登場予定です!
http://yokohamachiffon.com/

シフォンケーキ


・山口香織のおもてなしキッチン”アルとデデとピピ”
横浜市青葉区にある、隠れ家的レストラン。
料理研究家・山口香織が、季節に合わせて厳選した食材を使い、丁寧につくった美味しいお弁当を召し上がれ!




・にぎやかな風
東京都阿佐ケ谷にあります、全国の福祉作業所がつくる商品を販売するショップです。
無添加の安心安全な食品、手づくりの雑貨などを販売しております。
当日は東北の福祉作業所の商品を中心に販売いたします。




・Asuta cafe
ひとつひとつ丁寧に焼きあげたお菓子を取り揃えております。
自慢のCOFFEEと一緒にお召し上がりください。




・あすなろ学苑
パン・焼き菓子・お弁当・ジャム・デザートといった食品に特化した生産活動を行っております。
平日のお昼に横須賀市内の企業・病院・行政関係施設等にて販売を行い、休日も市内外を含め多くのイベントにも参加しております。




皆さまにぜひご賞味いただきたい味自慢をそろえてお待ちしています!!



あざみ野マルシェ
日時 2012年11月4日(日) 10:00~16:00頃
場所 アートフォーラムあざみ野 1階 エントランスロビー
開催の様子

梅田宏明レーザーインスタレーション《split flow》

「ART×DANCE2012」展で展示中の梅田宏明さんによるレーザーインスタレーション
《split flow》。
2011年にオランダで発表され、日本での展示は今回が初めてとなります。

この作品のテーマは「動かないと見えない光」。
展示スペースに入ると、こんなふうに天井から床に向かって投射されたレーザーの光が筋になって見えます。

一見ただの光の線ですが、この中に入っていくと…

体に当たった光が赤・青・緑の3色になり、光の残像が見えます(写真では白っぽく写っていますが)。
「動かないと見えない光」なので、写真を撮る時は素早く体を動かすとおもしろく撮れるようです。スタッフもダンスしながら写真撮影に挑戦。こんなかんじに撮れました!

会場ではこんなふうに写真撮影してお楽しみいただくこともできます。
この不思議さを皆さんも会場でぜひ体験してみてください!

11月1日(木)には1階レクチャーホールで梅田さんのパフォーマンス+レクチャーも開催。
世界中をめぐり公演活動を行っている梅田さんの貴重な国内公演とこれまでの活動を紹介するトークです。
先着順で受付中ですので、お申込みはお早めに。
お申込みはこちら

「ART×DANCE 2012」開幕!

10月20から「ART×DANCE 2012」が開幕しました! 初日は酒井幸菜さん、山下残さんのパフォーマンスを開催し、多くのお客様にご来場いただきました。 写真は、山下残さんの《大行進》。 会期中の11月11日まで山下さん、酒井さん、梅田さんのいずれかのダンスパフォーマンスを毎日開催しますので、 ぜひスケジュールをチェックのうえ、ご来場くださいませ! 詳しくはこちら そして会場の様子はぜひ直接足を運んでご覧いただきたいので、 今回は出し惜しみして、設営中の写真をご紹介! まず、振付家・山下残さんの《大行進》の舞台美術を担当するカミイケタクヤさん。 アトリエのある高松からコンテナ便でたくさんのものを運びこみ、展示室の中に異空間を出現させました。 さらに線路と枕木も搬入! 東急電鉄さんのご協力で、これまで実際に使われていたものを作品のためにお借りしてきたのです。 どんな空間になっているか、ぜひお楽しみに。 続いてアーティストの亀井佑子さん。 設営中に床で寝ている・・・わけではなく、自分の体で、空間と作品のサイズ感を測っていたらしい! さすがです。 アーティストの佐々木愛さんはドローイングとスライド作品を展示。 酒井幸菜さんの《振付けのことば》から着想を得たドローイングは、とても繊細です。 ドローイングだけでなく、佐々木さんが手がけた空間全体にも注目してご覧くださいね。 振付家・ダンサーの酒井幸菜さんも連日会場入りし、ダンスの動きを見直したり、会場をつくりこんだり。 今回作品を交換し合った酒井さん、佐々木さんは制作前には敢えてお互いの作品について詳しい話し合いをもつことをせず、作品から受け取ってそれぞれが感じたことを大切に、自分の作品として出力するということをしました。 どのような響きあいがみられるか、ぜひご注目ください。 そして最後に、アーティストであり、振付家・ダンサーの梅田宏明さん。 日本初公開となるレーザーインスタレーション《split flow》のために調整をしているところです。 これはぜひ会場で体験していただきたい作品! 会期は11月11日(日)まで。 皆様のご来場を心よりお待ちしております!

あざみ野アートワゴンVol.2 「ギャラリー*ショップ ちりめんや」開催!

中区初音町の元呉服屋さんを利用し、 50人以上の作家さんのてづくり作品を扱っているお店、「ギャラリー*ショップ ちりめんや」が、10月27日(土)10:00~アートワゴンに登場!
てぬぐい、木のスプーン、ぬいぐるみなど、生活の中にあるとハッピーになれるものを販売します。
皆さまのご来店をお待ちしています。

ギャラリー*ショップ ちりめんや>>>http://chirimenya.blog.so-net.ne.jp/

 

「ART×DANCE 2012」展 山下残パフォーマンスのご紹介!

ART×DANCE 2012のみどころのひとつは、毎日ダンスパフォーマンスが行われるということです!

22日間の会期中、17回のパフォーマンスを行う山下残さん。
2010年に高松市美術館で美術家・カミイケタクヤさんの作品展示にあわせて制作、初演された《大行進》を上演します。展覧会の出品作として展示室内でロングラン公演を行うという、山下さんにとっても初めての挑戦となります。

山下残 《大行進》 TPAM in Yokohama 2011

出品にあたり、美術として必要なのが本物の線路。本作では写真のとおり、ドーンと真ん中に線路が置かれます。今回、横浜での調達にこだわり、東急電鉄さんのご協力により実現することとなりました!1本150~200kgにもなるレール数本と、50~60kgの枕木が展示室にやってくるので、スタッフもドキドキです!

出演者は山下さん一人。言葉・動き・ものを通し、ときにユーモアや観客とのやりとりも交えながら、相反するような日常と非日常の情景が織り交ぜられ同時に描かれていく《大行進》。上演を重ねることでどのような変化が生まれてくるのかも楽しみです。

事前申込不要、入場料(一般300円)のみでパフォーマンスもご覧いただけます!
上演日時など詳細はこちらをご覧ください。

[参考リンク]
山下残ホームページ

フェローアートギャラリーvol.7「工房集の作家たち」 第2期が始まりました!

7月から2階ラウンジで開催している「Fellow Art Gallery vol.7 工房集の作家たち」展。
「工房集(こうぼうしゅう)」は、埼玉県川口市にある社会福祉施設。
たくさんのアーティストが活動していますが、今回はそのなかから2期にわけ、
栗原和秀さん、横山涼さんのお二人の立体作品をご紹介しています。

夏の間、お子さんたちにもお楽しみいただいた第1期「栗原和秀 展」が幕を閉じ、
先週より第2期の「横山涼 展」が始まりました!

今回は横山さんの作品の中から飛行機の作品を中心にご紹介しています。
横山さんのつくる飛行機は、どれもみなテーマがあり個性的。
真ん中の一番大きな作品は「ドラゴンヒコーキ」の名のとおり、悠々としています。
「鍾乳洞ヒコーキ」「ムーンヒコーキ」など、タイトルとあわせて作品を見ると楽しさ倍増!
会場ではタイトルもぜひチェックしてみてください。

===========================
Fellow Art Gallery vol.7 「工房集の作家たち」
第2期「横山涼 展」 2012年9月20日(木)~11月18日(日)
※休館日:9月24日(月)、10月22日(月)
9:00~21:00
アートフォーラムあざみ野 2階ラウンジ(無料スペース)
開催の様子はこちらをご覧ください。

Page 30 of 55« First...1020...26272829303132333435...50...Last »