ハッピーキャッププロジェクト第2弾開催しました

5月31日、横浜市民ギャラリーあざみ野で第2回目となる「ハッピーキャッププロジェクト」を開催しました。 「ハッピーキャッププロジェクト」とは、「あざみ野コンテンポラリー」出品作家の映像作家・松本力さんとお母様の帽子作家・松本由伎子さんの呼びかけで始まった、東日本大震災の被災地に指編みのニット帽をおくるプロジェクトです。 4月に、アートサポーターさんを中心に第1回目を開催し、多くの反響をいただいて第2回目の開催となりました。
左から松本由伎子さん、松本力さん

左から松本由伎子さん、松本力さん

はじめにお二人から、このプロジェクトの趣旨と、前回の報告がありました。 この日参加してくださったのは約50名。たくさんの方々にお集まりいただきました。 編み方を説明する松本由伎子さん 指編みは編み棒を使わないので、編み物が初めての方にも取り組みやすい編み方です。 指をつかう編み目は大きくて、通気性にも優れたあたたかい帽子ができます。 みなさん真剣に説明に聞き入ります。 会場の様子 みなさんが持ち寄った毛糸で色とりどりの帽子ができていきます。 今回は、このプロジェクトを新聞で知った方々から、毛糸のご寄付もいただきました。 指編みの様子 そしてこの日完成した「ハッピーキャップ」の一部です。 それぞれに個性のあるすてきな帽子ができました。 完成したハッピーキャップの一部 今回つくった帽子は、松本力さんデザインの本型タグに作者のメッセージを書き入れて、東北地方が寒くなる秋に被災地へ届ける予定です。 ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

あざみ野カレッジ開校!「デザインとアートディレクション」

会場の様子 昨年度からオープンカレッジを開校してきた「あざみ野カレッジ」が、ついに5月22日から本格始動しました! 「あざみ野カレッジ」とは、アートの領域をひろげ、生活の中にあるもっといろいろ知りたいことを学ぶための学び舎。 記念すべき第一回目の講座はアートディレクターで株式会社10代表の柿木原政広さんによる「デザインとアートディレクション」を開催しました。 柿木原政広さん お話は、ご自身の子どもの頃のかわいい写真からスタート。 子どもの頃からの経験の積み重ねが自分を形成し、人は経験によって判断することができるようになる、 デザインは判断の積み重ねで成り立っているのだとお話されました。 テニスに打ち込んだ大学時代は、心理戦であるテニスの魅力にひきつけられたそうです。 また、ここでは学部の違う様々な価値観をもつ仲間との楽しい思い出も。 他分野の人と関わることを楽しむ柿木原さんはこの頃からずっと変わらないんですね。 そしてデザイン会社に入社。 そこでは師匠からまず「お茶汲み」の大事さを説かれたそうです。 全ては思いやりと気遣いから始まる・・・全てに通じる考えです。 また、徹夜の多い大変な状況でも、つらさを遊んでしまうくらいの心意気で、いつも仲のよい仲間たちと過ごしていたそうです。 そしてその頃から柿木原さんの仕事にいつも通底していることは、 自分の能力をちょっと飛び出る+αをがんばること。 その少しの努力が次につながっていく。そこにつながる偶然は、後から考えると必然となっているそうです。 Rocca対決! デザインもアートディレクションもコミュニケーションであると言う柿木原さん。 これまでの様々なお仕事についてもご紹介いただきましたが、 最後には、トゥルーリ・オカモチェクさん考案、柿木原さんデザインのカードゲームRoccaで遊びました。 「Rocca」は先頃、世界のグラフィックデザイン界をリードするニューヨークADCのsilverと、世界3大広告賞の1つ ONE SHOWのMerit賞を受賞したばかり! 楽しく美しい、新感覚のカードゲームです。 デザインだけのお話だけでなく、普段の生活の中で思い出したいお話がいっぱいで、会場のみなさんは深くうなずきながら耳をかたむけていました。 柿木原さん、ご参加いただいた皆様どうもありがとうございました。 あざみ野カレッジでは、今後も様々な講座を予定しています。 ぜひ今後の皆様のご参加をお待ちしております。

美味しいものと、人に出会う場・あざみ野マルシェ

5月15日(日)。 晴れ渡る空の下、アートフォーラムあざみ野アートプラザであざみ野マルシェが開催されました! 10時開店前から新鮮なお野菜を手に入れようと開店待ちのお客さまも。 あざみ野マルシェ開催風景 当日は合計7つのお店が並び、2月の前回の開催に比べさらににぎやかになりました! あざみ野マルシェ風景 さて、どれを買ってよいやら悩んでしまいます。 サラダ小松菜 噂の生で食べられるサラダ小松菜はなんとマルシェ特別価格の100円で大判振る舞い! あざみ野スタッフも買い求めましたが、農場直送なのでとっても新鮮! シャキシャキしていてみずみずしい~。 新鮮な野菜、野菜 高菜が生で売られているではありませんか!そしてゴボウは生で食べられるとか・・・。 生産者の方が直接販売してくださっていたので、安心して手に取ることができました。 ハーブティー 香りの良いおしゃれなハーブティーや・・・ 手づくりの焼き菓子 質の良い素材を使ったクッキーやマドレーヌや・・・ 表参道市場・伝 葉付きのにんじんや、生のホワイトアスパラガスなど、普段なかなか手に入らない野菜も。 今回のマルシェでは東日本大震災の被災地支援に取り組む出店者も。 被災地の福祉施設で作られた商品を販売して、 売上金の全額を製造者の福祉施設にお返しするという団体もありました。 ミンナDEカオウヤ この仙台市の桜蔵のチキンカレーは鶏モモ肉が丸ごと一つごろりと入っていて、贅沢な一品。 濃厚な、なたね油 岩手県産の、濃厚ななたね油も芳醇な香り。 どれも美味しく、安心して口にすることができて、しかも良心的なお値段のものばかり (味は筆者が全店お試し済みなので、自信を持って太鼓判が押せます!)。 ここで販売されていたものの殆どは、障がいのある方たちが生産や販売に関わってつくられたもの。 美味しいものが手に入り、しかも障がいのある方たちの雇用支援にもつながるという、 つくり手とお買い物をする人の心も通い合うような、なんともHAPPYなマルシェなのです。 夏の期間はお野菜が傷んでしまうのでしばらくお休み。 次のマルシェは今年10月16日(日)に開催予定です。 皆さまのご来店を心よりお待ちしています! ※このあざみ野マルシェは食べる社会貢献プロジェクトと連携して行っている事業です。 食べる社会貢献プロジェクト http://www.vegetaberu.com/

なつの準備 【こどもぎゃらりぃ】

なつの展覧会は「あざみ野こどもぎゃらりぃ2011」。今年もやります。 今日は準備の様子をちょこっとお知らせです。 今年は木村崇人さん、柿木原政広さん、そして  しでかすおともだちのみなさんと展覧会をつくります。 左から柿木原さん、オシュハ、ウーシャカ、謎の男 むむ!人でないひとがいる??なにやらあやしい計画中?? いえいえ、真面目に打ち合わせ中です。 今日の打ち合わせはこのメンバー。 左から柿木原さんとしでかすおともだちの、オシュハ(ハトさん)、ウーシャカ(ウサギさん?)、謎の男平山さん。 楽しげなアイディアがむくむく湧いている様子つたわるかなぁ。 打ち合わせの様子 あらあら あくび?オシュハはちょっとオネムみたいです。白熱した打ち合わせは深夜にわたり・・・?? とはいえ、どんな展覧会になるか楽しみにしていてくださいね!! 柿木原さんとしでかすおともだちに木村さんも加わったら、わくわくすることまちがいなしっ! 「あざみ野こどもぎゃらりぃ2011」 8月18日(木曜)から8月28日(日曜)まで ※詳細はもうしばらくお待ちください。追ってホームページ等でお知らせします。

開催予告・ハッピーキャップ プロジェクト 5月31日(火)!!

先日アーティストの松本力さんのご提案を受けて急遽行った、「ハッピーキャッププロジェクト」。

茶色のハッピーキャップ

その後、「またやらないの?ぜひ参加したい」というお問合せをいくつかいただき・・・

再びあざみ野で開催することとしました!!

つくり方は簡単。
指あみで紐をつくって、それをとぐろを巻くようにつなげます。
出来上がった毛糸の帽子にはメッセージカードをつけ、
絵や、メッセージを寄せて、みなさんの気持ちを一緒に届けます。
また寒くなる秋ごろを目指して、少しずつ帽子をつくりためていきます。
参加を希望する方はお友だちも誘ってぜひお集まりください。


●日時 5月31日(火) 13:30~20:00の間 いつでも
     (ご都合のあう時間でご参加ください)

●場所 横浜市民ギャラリーあざみ野 3階アトリエ

●持ち物 ウール100% 極太毛糸玉(各40~50g)2~3個
     (帽子1個分。ご自宅にあるものや色違いでもOKです。組み合わせて使います。
     細い糸を数本合わせて編んでも素敵な帽子ができます)

○参加を希望する方は、事前に電話、メールなどでお名前、参加者人数、大体の来館時間をお知らせください。


※初めての方には松本さんが作り方を教えてくれますが、
周りのわかる人はわからない人に教えてあげましょう。
編み棒を使わない手軽な編み方です。編み物初体験の男性の方も大歓迎!
最後にメッセージを添えて送ります。

※つくり方を予習したい人はコチラ
  帽子作家・松本由伎子さんによる指編みのレクチャー映像(YouTube)
  URL https://www.youtube.com/watch?v=yLsZ2q9Jwhs

【お問合せ】
横浜市民ギャラリーあざみ野
TEL 045-910-5656
FAX 045-910-5674
E-mail info@artazamino.jp

ハッピーキャップの贈り物

映像作家で、「イメージの手ざわり」展出品作家の松本力さんと、お母様で帽子作家・松本由伎子さんの呼びかけで、指編みの帽子「ハッピーキャップ」をつくり、被災地に贈る活動を行いました。

4月3日に横浜市民ギャラリーあざみ野で、4月5日に松本さんのアトリエでハッピーキャップづくりの会を行い、完成した帽子に松本力さんデザインによる絵本仕立てのメッセージタグをつけました。
(活動の様子はこちらでご紹介しています)

白いハッピーキャップ

茶色のハッピーキャップ

耳あてつきハッピーキャップ

子ども用のハッピーキャップ

絵本のかたちのメッセージタグ

みんなの工夫と個性がいっぱいのハッピーキャップ合計約50個が完成。
先日、松本さんを通じて塩竃のオルタナティブスペースに届けられ、
受け取られた方々の様子がビルド・フルーガスのブログで紹介されています。
とてもすてきな笑顔がいっぱいです。

ハッピーキャップを通じて、つくり手と被災地の方々があたたかい気持ちでつながることができました。

指編みの帽子づくりの活動は5月にもまたあざみ野で開催予定です。
詳細が決まりましたらこのブログやtwitterなどでご案内させていただきます。

twitter : artazamino

親子で造形ピクニック

横浜市民ギャラリーあざみ野では、

障がいのある子どもたちを対象に、

月に1回、「親子で造形ピクニック」を開催しています。

絵の具や粘土、紙などを使って、

親子で自由に、ゆっくり遊ぶことができます。

今日の参加者は、14名。

子どもたちのペースで、

好きな遊びを見つけられるといいなと思います。

トーマス

今日の天気は荒れ模様で、

活動中には突然の大雨!

アトリエの中庭には屋根があって、

その屋根に、雨が太鼓のようにドコドコたたきつけてきます。

そんな屋根の下でも、

中庭はいつもどおりの絵の具コーナー。

絵の具の床

上の写真は、子どもに、

「ここきれい」

といわれてとった一枚です。

来月からも、

毎月「親子の造形ピクニック」は

続きます。       (よ)

あざみ野の子ども事業はたのしいよ!

「お子さんをあずけて、安心して講座に参加できます」。

アトリエ「市民のためのプログラム」は
お子さんをあずけて、安心してご参加いただけます。

「絵を描いたり、陶芸をしてみたい」
「でも、子どもが小さくて、なかなか挑戦できない・・・」

そんなお母さんのために
アートフォーラムあざみ野には
子どもの部屋」というお部屋があり、
一時保育
(1歳6ヶ月~未就学児、予約制、有料/お問合せ:045-910-5724)
をご利用いただけます。

先日も、一時保育を利用されて絵画の講座に参加された方から
「ふだん子どもから目が離せなくて自分の時間がないから
久しぶりに、絵を描く時間が持てて嬉しい!」という
ありがたいお声をいただきました。

中には、アトリエ「親子のフリーゾーン」に通いつつ、
別の日はお子さんを「子どもの部屋」にあずけて
講座に参加されるという
施設をフル活用してくださる方も。

「親子のフリーゾーン」で親子で思いっきり遊ぶ時間。
「市民のためのプログラム」で自分でじっくり創作に取り組む時間。

アトリエでは、
新しいことに挑戦するお母さんたちを応援しています!

アトリエ「市民のためのプログラム」4~9月は
「はじめての日本画」「はじめての陶芸」など。
是非是非ご応募ください。

YAPS!!

あざみ野アートサポーターの有志のみなさんが、

YAPS(ヤップス)というワークショップグループを組んで

活躍しています。

今日は、ミーティングの日。

7月2日(土)、3日(日)に、

アートフォーラムあざみ野の1Fエントランスロビーで行う

「七夕」のワークショップについて話し合います。

ミーティング

6月には、

YAPSの皆さんが日頃制作している作品を持ちよって、

グループ展を行うそうです。

他の施設でのワークショップも、検討中・・・。 

 

楽しいことは、自分たちで生み出しちゃう。

YAPSの、すてきな精神です。       (よ)

 

※あざみ野アートサポーターは随時募集中です!

春よ、来い。

今年度も、 「親子のフリーゾーン」がはじまりました。 今日の参加者は、269名。 春の空 今日は、全国的にいいお天気だそうです。 早くほんとうの、 春よ、来い。     (よ)   *あざみ野の子ども事業はたのしいよ!* 「親子のフリーゾーン」の日程はこちらからどうぞ↓ https://artazamino.jp/organized-events/free-zone-2011/ 「子どものためのプログラム」申込みはこちらからどうぞ↓ https://artazamino.jp/organized-events/organized-eventsart-program-for-children2011_02/