あざみ野カレッジシリーズ

あざみ野カレッジ 写真集ができるまで

azaminocallege

いつまでも卒業のない大学「あざみ野カレッジ」!

写真集ができるまで

2016年220日(土) 14:00~15:30

関連画像1


写真家にとって、大切な表現手段の場である写真集。写真家と編集者の出会いからどのように写真集は世に送り出されるのか。今年度の「あざみ野フォト・アニュアル」出品作家・石川竜一さんの『絶景のポリフォニー』をはじめ、話題の写真集を数多く手がけてきた出版社・赤々舎の姫野希美さんをお招きしてお話をうかがいます。
写真家とのやり取りから本がかたちになっていくまで、赤々舎の写真集づくりの裏側を少しのぞいてみませんか?


【講 師】姫野希美(赤々舎 代表・ディレクター)
     《聞き手》日比谷安希子(横浜市民ギャラリーあざみ野 学芸員)

【対 象】高校生以上

【定 員】40名程度(応募多数の場合抽選)

【会 場】横浜市民ギャラリーあざみ野 3Fアトリエ

【参加費】500円
     ※ただし、あざみ野カレッジ初回受講者は学生証発行手数料500円が別途必要。

【締 切】2月8日(月)必着
     ※締切後定員に満たない場合は先着順でホームページ・電話・直接来館で受付

【講師略歴】

姫野希美
  

姫野希美(ひめの きみ)

赤々舎代表取締役・ディレクター。2006年に出版社・赤々舎を設立し、写真集、美術書を中心にこれまで130冊余りの書籍を刊行する。赤々舎が手がけた写真集には、第33回木村伊兵衛写真賞受賞者・志賀理江子『CANARY』、同・岡田敦『I am』、第34回同賞受賞者・浅田政志『浅田家』、第35回同賞受賞者・高木こずえ『MID』『GROUND』、第38回同賞受賞者・百々新『対岸』、第40回同賞受賞者・石川竜一『絶景のポリフォニー』『okinawan portraits 2010-2012』など多数。2014年より東京工芸大学教授。
赤々舎 公式HP:http://www.akaaka.com/