あざみ野カレッジシリーズ

あざみ野カレッジ
疫病と美術 ~ペスト禍の「死の舞踏」を中心に~

いつまでも卒業のない大学「あざみ野カレッジ」!

疫病と美術
~ペスト禍の「死の舞踏」を中心に~
フラシュトヴリェ聖堂

スロヴェニア フラシュトヴリェ聖堂 1490年頃

2020年 921日(月・祝)
14:00~16:00

新型コロナウィルスの情報に触れるたびに、不安になることも多いでしょう。現在のコロナ禍において、我々はどのように生きていいけばよいのか?そして未来をどう描けばよいのか?
かつてヨーロッパでは、数多くの疫病に悩まされてきました。今回の講座では、15世紀ヨーロッパに蔓延したペスト禍に描かれた「死の舞踏」を取り上げます。「死」が日常化した疫病の時代に先人たちが描いた美術について、「死の舞踏」研究の第一人者、小池寿子さんを講師に迎えて考察します。先人たちが生き抜いてきた歴史を知ることで、このコロナ禍を乗り切り、その中で生きていくことを考えてみましょう。

【講師】小池 寿子(美術史家/國學院大學教授)

【定員】30名程度 ※申込先着順、定員に達し次第参加受付を終了します。

【会場】横浜市民ギャラリーあざみ野 3F アトリエ

【参加費(当日支払)】あざみ野カレッジ学生証料金:500円 ※一般料金:1,000円
※学生登録をお勧めします(登録無料)。登録当日から学生料金で講座に参加できます。

【講師プロフィール】
小池寿子
小池 寿子(こいけ・ひさこ)
1956年群馬県生まれ。美術史家。國學院大学文学部教授。お茶の水女子大学大学院博士課程満期退学。専門は西洋中世美術と死の図像学。主な著書に『内臓の発見』(筑摩選書、2011)、『一日で鑑賞するルーヴル美術館』(新潮社・とんぼの本、2006)、『描かれた身体』(青土社、2002)、『「死の舞踏」への旅』(中央公論新社、2002)、『屍体狩り』(白水社、2000)、『死を見つめる美術史』(ポーラ文化研究所、1999)、」『死者のいる中世』(みすず書房、1994)、『死者たちの回廊』(平凡社ライブラリー、1990)など。

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)