あざみ野カレッジ
「聞くとは何か ―他者の話を聞けなくなるとき」

いつまでも卒業のない大学「あざみ野カレッジ」!
聞くとは何か
―他者の話を聞けなくなるとき
東畑

2022年 417日(日)
14:00~16:00

「聞く」が難しい。そんな時代です。私たちの声を聞いてもらえないし、私たちも誰かの声を聞けない。だから、「聞く」ための色々なノウハウが出回っているわけですが、それらが役に立たなくなってしまうときこそが、問題です。私たちはなぜ話を聞けなくなってしまうのか、「聞く」とは一体何か。そういうことを考えてみようと思います。

【講師】東畑開人(白金高輪カウンセリングルーム主宰)

【定員】60名程度 ※終了しました。

【会場】アートフォーラムあざみ野 セミナールーム(2F)

【共催】大佛次郎記念館

【参加費(当日支払)】あざみ野カレッジ学生証料金:500円 ※一般料金:1,000円
※学生登録をお勧めします(登録無料)。登録当日から学生証料金で講座に参加できます。

※未就学児の入場、同伴はご遠慮ください。
1歳6ヶ月~未就学児の保育あり(有料・予約制)。※2か月~1歳5ヶ月児の保育につきましてはご相談ください。

【講師プロフィール】
講師プロフィール
東畑 開人(とうはた・かいと)
【プロフィール】
1983年東京生まれ。京都大学教育学部卒、京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了。十文字学園女子大学准教授を経て現職。http://stc-room.jp/ 博士(教育学)・臨床心理士。著書に『野の医者は笑う―心の治療とは何か』(誠信書房2015)、『居るのはつらいよ』(医学書院2019)大佛次郎論壇賞。「心はどこに消えた」(文藝春秋2021)。「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社より出版予定)。専門は、臨床心理学・精神分析・医療人類学。

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団)