あざみ野コンテンポラリーシリーズ

あざみ野コンテンポラリー vol.9 今もゆれている

あざみ野コンテンポラリー vol.9 今もゆれている
Azamino Contemporary vol.9 Uncertain Landscape

  • 西村有 Nishimura Yu
  • 石垣克子 Ishigaki Katsuko
  • 山城知佳子 Yamashiro Chikako
  • 露口啓二 Tsuyuguchi Keiji
  • 今井智己 Imai Tomoki
  • 2018929日[土]-1021日[日] ※会期中無休
  • 横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室12
  • 開場時間 10:00 – 18:00 入場無料
  • 主催 横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
    協力 キリンビール株式会社
  • Period: September 29[Sat]-October 21[Sun], 2018 *open everyday during the exhibition
  • Venue: Yokohama Civic Art Gallery Azamino
  • Opening Hours: 10:00-18:00
  • Admission Free
  • Organized by Yokohama Civic Art Gallery Azamino [Yokohama Arts Foundation]
  • In Cooperation with Kirin Brewery Company, Ltd.

本展は美術という枠や社会的評価にとらわれず、様々なジャンルのアーティストが行っている表現活動に目を向けたシリーズ展「あざみ野コンテンポラリー」の第9回として開催します。今回は、特定あるいは不特定の「風景」をモチーフとした5人の気鋭のアーティストたちによる作品を紹介します。歴史・記憶の忘却に抗う「風景」、視覚のずれや亀裂を丹念に追った「風景」など、アーティストの現実に対する透徹した眼差しなくしては、辿りつくことのない場所へ鑑賞者を誘います。
人も物も、あるいはここでの主題でもある風景も、誰か人が思うことで初めて立ち現れます。人が思わなければそこには在りません。一方で、世界そのものは、人の存在とは関係なくずっと在り続けています。茫漠とした世界の中から特定の風景を人が切り取って初めて「風景」が現れ、存在します。
普段見慣れている日常の風景は、人工物と自然が共存している場合が多く、その境界はしばしば何かのきっかけで失われることがあります。人災や天災によって境界は失われ、世界は未分化の状態になってしまいます。あるいは、人工物が何度も作り直されることで元の風景が失われ、それに伴う記憶も失われます。とはいえ、視覚の領域になかった記憶が、考古学的な発見も含めて何らかの契機で再び浮上することもあります。何気ない風景の背後にある、夥しい数の記憶が現前化されるのです。
この展覧会は、アーティストが現実=風景にそれぞれの視点で向き合いながら制作した作品から構成されています。写真によって実際の風景が示される作品もあれば、絵画による心象的な風景、あるいは劇場的な場面を重ねながら神話的な世界観を示しているものもあります。ここでは、リアルな現実も、フィクショナルな世界観も、それぞれに人々の記憶の深層に繋がることで、強いリアリティーへと導かれることでしょう。

“Azamino Contemporary” is a series of exhibition that focuses on the creative practice of artists who explore various genres, defying the boundaries of art and prescriptive social norms. This ninth edition introduces works by five promising artists that engage a specific or unspecific “landscape” as a theme. Viewers are invited to a “landscape” that resists forgetting history and memory, a “landscape” that attentively captures gaps and cracks caused by visual perception, or a place, which we would never find without the artists’ keen perspectives toward reality.

A person, an object, or a landscape, which this exhibition addresses as a theme, only appears if someone thinks of it. It’s not there unless a person finds it. At the same time, the world itself continues to exist regardless of man’s existence. When a person selectively cuts out a particular landscape from the intangible world, a “landscape” appears and becomes present. In familiar everyday landscape, man-made and natural elements often co-exist, and sometimes, something could be a trigger to lose the boundaries. The boundaries can become lost because of man-made and natural disasters, making the world undifferentiated. Or, repetitive re-building of man-made elements can cause a loss of original landscape together with its memory. However, something, including archeological discoveries, can sometimes surface memories that had not been present in the realm of visual perception. A myriad of memories, which had existed behind the banal landscape, start to appear in front of our eyes.

This exhibition is comprised of artworks that were created through the artists’ individual processes of facing reality or a landscape through their own perspectives. It includes photographic works that present actual landscape, paintings that portray imaginary landscapes, and works that present a mythical worldview by layering theatrical scenes. Here, the “real” reality and fictional worldview lead into intense reality by linking with the deep bottom of people’s memory.

西村 有 Nishimura Yu

scenery passing/2016/油彩、キャンバス

scenery passing/2016/oil on canvas

石垣 克子 Ishigaki Katsuko

ガジャンビラ公園からの眺め/2018/油彩、キャンバス

View from Gajanbira Park/2018/oil on canvas

山城 知佳子 Yamashiro Chikako

土の人(2017年劇場版)
協力:あいちトリエンナーレ2016

Mud man -2017 Film ver.
in cooperation with Aichi Triennale (2016)

©Chikako Yamashiro, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

露口 啓二 Tsuyuguchi Keiji

福島原子力発電所事故被災地 帰宅困難区域 N 37°29′ 23″ E 141°00′ 23″ _2015(「自然史」より)/2015

Fukushima_The difficult-to-return zone N 37°29′ 23″ E 141°00′ 23″ _2015 from “Natural History”/2015

今井 智己 Imai Tomoki

Semicircle Law #35 2015.9.21 / 21km/2015

©Tomoki Imai, Courtesy of Taka Ishii Gallery Photography / Film

作家プロフィール

西村 有 Nishimura Yu

1982年神奈川県生まれ。主な個展に、「アペルト09 西村有」(金沢21世紀美術館/石川、2018)、「portrait」(KAYOKOYUKI/東京、2017)、「project N 61 西村有」(東京オペラシティーアートギャラリー/東京、2015)、「TWS-Emerging 202 運ばれる景色」(トーキョーワンダーサイト本郷/東京、2013)、「アーティストシリーズ Vol.65 西村有展」(清須市はるひ美術館/愛知、2010)など。近年の主なグループ展に、「CONDO上海2018」(GALLERY VACANCY/中国、2018)、「現代地方譚5」(すさき まちかどギャラリー/高知、2018)など。主な受賞歴として、絹谷幸二賞(2017)、FACE 2014 損保ジャパン美術賞 優秀賞(2014)など。

Born in Kanagawa, 1982. Selected solo exhibitions include: “Aperto 09” (Kanazawa 21st Century Museum, Ishikawa, 2018), “portrait” (KAYOKOYUKI, Tokyo, 2017), “project N 61” (Tokyo Opera City Art Gallery, Tokyo, 2015), “TWS-Emerging 202 Yu Nishimura: The Scenery Carried” (TWS Hongo, Tokyo, 2013) and “Haruhi Painting Triennale: Artist Series Vol.65 Yu Nishimura” (Kiyosu City Haruhi Art Museum, Aichi, 2010). Recent selected group exhibitions include: “CONDO Shanghai 2018” (GALLERY VACANCY, China, 2018) and “Contemporary Tales from the Province 5” (Susaki Machikado Gallery, Kochi, 2018). Selected Awards include: Grand Prize, Koji Kinutani Award (2017) and Excellent Work Award, FACE 2014: Sompo Japan Art Award Exhibition (2014).

石垣 克子 Ishigaki Katsuko

1967年沖縄県生まれ。1991年沖縄県立芸術大学美術工芸学部美術学科絵画専攻卒業。近年の主な個展に、「Cork fun days 2018」(rat & sheep/沖縄、2018)、「基地のある風景」(eitoeiko/東京、2018)、「南の景から」(ギャラリーアトス/沖縄、2017)、「遠くに、近くに」(WHITE SPACE ONE/福岡、2017)、「春よ来い」(galleryラファイエット/沖縄、2016)、「大コルク展」(沖縄県立芸術大学芸術資料館/沖縄、2011)など。主なグループ展に、「マブニ・ピースプロジェクト沖縄2018」(沖縄、2018)、「3331アートフェア」(アーツ千代田3331/東京、2018)、「イチハナリアートプロジェクト+3」(沖縄、2017)、「はならぁと こあ」(奈良、2016)、「夢∞現代美術展」(浜田市世界こども美術館/島根、2012)、「黄金町バザール2008」(横浜、2008)など。

Born in Okinawa, 1967. Ishigaki received her BA from Okinawa Prefectural University of Arts, majoring in Painting, 1991. Recent selected solo exhibitions include: “Cork fun days 2018” (rat & sheep, Okinawa, 2018), “Landscape with Base” (eitoeiko, Tokyo, 2018), “From the View of the South” (Gallery ATOS, Okinawa, 2017), “Far and Near” (WHITE SPACE ONE, Fukuoka, 2017), “Longing the Spring” (gallery rougheryet, Okinawa, 2016) and “Great Cork Exhibition” (Okinawa Prefectural University of Arts Art Museum, Okinawa, 2011). Selected group exhibitions include: “Mabuni Peace Project OKINAWA 2018” (Okinawa, 2018), “3331 Art Fair” (3331 Arts Chiyoda, Tokyo, 2018), “Ichihanari Art Project +3” (Okinawa, 2017), “Art Festival HANARART Core” (Nara, 2016), “MUGENDAI Art Exhibition” (Hamada Children Museum of Art, Shimane, 2012) and “Koganecho Bazaar 2008” (Yokohama, 2008).

山城 知佳子 Yamashiro Chikako

1976年沖縄県生まれ。映像作家、美術家。2002 年沖縄県立芸術大学大学院環境造形専攻修了。近年の主な展覧会に、「Asia Pacific Breweries Foundation Signature Art Prize 2018」(シンガポール美術館/シンガポール、2018 *大賞ノミネート)、「From Generation to Generation: Inherited Memory and Contemporary Art」(ユダヤ現代美術館/アメリカ、2016-17)、「創造の発端-アブダクション/子供-」(Yumiko Chiba Associates viewing room Shinjuku/東京、2016)、「あいちトリエンナーレ2016」(旧明治屋栄ビル/愛知、2016)、「第8回アジアパシフィックトリエンナーレ」(QAGOMA/オーストラリア、2015-16)など。主な受賞歴として、第64回オーバーハウゼン国際短編映画祭 ゾンタ賞(2018)、Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA 大賞(2017)など。

Contemporary video artist. Born in Okinawa, 1976. MA from Graduate School of Formative Arts, Okinawa Prefectural University of Arts, majoring in Environmental Designs, 2002. Recent exhibitions include: “Asia Pacific Breweries Foundation Signature Art Prize 2018” (The Singapore Art Museum, Singapore, 2018), “From Generation to Generation: Inherited Memory and Contemporary Art” (Contemporary Jewish Museum, San Francisco, USA, 2016-17), “The Beginning of Creation: Abduction/ A Child” (Yumiko Chiba Associates viewing room, Tokyo, Japan, 2016), “Aichi Triennale 2016” (the former Meiji-ya Sakae Building, Nagoya, Aichi, 2016) and “The 8th Asian Pacific Triennial of Contemporary Art” (Queensland Art Gallery and Gallery of Modern Art, Brisbane, Australia, 2015-16). Selected Awards include: ZONTA Prize at 64th International Short Film Festival Oberhausen (2018) and Grand Prize at the Asian Art Award 2017 supported by Warehouse TERRADA (2017).

露口 啓二 Tsuyuguchi Keiji

1950年徳島県生まれ。1990年代末より北海道の風景と歴史に着目した写真の発表を始める。主な個展に、「自然史—北海道・福島・徳島」(CAI01/札幌市、2014)、「アフンルパルEX1」(岩佐ビル/北海道、2008)、「地名」(LIGHTWORKS/横浜、2002)、「触物紀」(駅裏8号倉庫/北海道、1981)など。近年の主なグループ展に、「もうひとつの眺め(サイト)」(北海道立近代美術館/北海道、2015)、「札幌国際芸術祭2014」(北海道、2014)、「札幌美術展 アクア-ライン」(札幌芸術の森美術館/北海道、2013)など。近年の主な写真集に、『地名』(赤々舎/2018)、『自然史』(赤々舎/2017)など。

Born in Tokushima, 1950. Since the late 1990s Tsuyuguchi has exhibited photographs focusing on the landscape and history of Hokkaido. Selected solo exhibitions include: “On Natural History- Hokkaido, Fukushima, Tokushima” (CAI01, Hokkaido, 2014), “Ahunrupar EX1” (Iwasa Building, Hokkaido, 2008), “Name of Places” (LIGHTWORKS, Yokohama, 2002) and “Shokubutsuki” (No.8 Station Backside Warehouse [Eki ura 8-go soko], Hokkaido, 1981). Recent selected group exhibitions include: “Another Sight” (Hokkaido Museum of Modern Art, Hokkaido, 2015), “Sapporo International Art Festival 2014” (Hokkaido, 2014) and “Aqua Line” (Sapporo Art Museum, Hokkaido, 2013). Recent selected photo books include: Place Names (AKAAKA, 2018) and Natural History (AKAAKA, 2017).

今井 智己 Imai Tomoki

1974年広島県生まれ。1998年東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。都市や森、室内など日常的な風景ながらも静謐さを湛えた写真作品を制作。近年は、第二次大戦時、異なる立場で写真に携わった写真家たちの仕事を丹念に追ったリサーチプロジェクト「In Their Eyes」(2016)を発表している。「いま、ここにいる」(東京都写真美術館/東京、2017)、「19th DOMANI・明日展」(国立新美術館/東京、2016)、「メグロアドレス」(目黒区美術館/東京、2012)などのグループ展に参加。主な写真集に、『Semicircle Law』(マッチアンドカンパニー/2013)、『真昼』(青幻舎/2001)など。

Born in Hiroshima, 1974. Imai graduated from the Department of Aesthetics and Art History, Tokyo University of the Arts in 1998. In his photographic works, he captures everyday scenes of interiors, forests, and cityscapes that are nevertheless filled with serenity. In recent years, he has produced a research-based project “In Their Eyes” (2016) by following the works of photographers who made images from different political positions during World War II. He has participated in group exhibitions such as “In the Here and Now” (Tokyo Photographic Art Museum, Tokyo, 2017), “19th DOMANI: The Art of Tomorrow” (The National Art Center, Tokyo, 2016) and “Meguro Address” (Meguro Museum of Art, Tokyo, 2012). Selected photo books include: Semicircle Law (MATCH and Company, 2013) and Mahiru (Seigensha Art Publishing/2001).

[関連イベント]

アーティストトーク#1

9月29日(土)
13:30-16:30
石垣克子/露口啓二
会場 3階アトリエ
定員 80名程度
※参加無料、要事前申込(先着順)
※保育あり

アーティストトーク#2

10月13日(土)
13:30-16:30
西村有/今井智己
会場 3階アトリエ
定員 80名程度
※参加無料、要事前申込(先着順)
※保育あり

アーティストトーク#3

10月14日(日)
15:00-16:30
山城知佳子
会場 3階アトリエ
定員 80名程度
※参加無料、要事前申込(先着順)
※保育あり

アートなピクニック
―視覚に障がいがある人とない人が共に楽しむ鑑賞会

スタッフや参加者同士の会話を通して展示作品を楽しみながら鑑賞するツアーです。 障がいの有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。

10月20日(土)14:00-16:00
会場 展示室1・2
定員 10名
締切 10月10日(水)必着
※参加無料、要事前申込(応募者多数の場合抽選)
※最寄のあざみ野駅までお迎えが必要な方は申込時にご相談ください。
※保育あり

学芸員によるギャラリートーク

10月6日(土)
14:00-14:30
会場 展示室1・2
定員 80名程度
※参加無料、申込不要

【イベントのお申込方法】

必要事項を明記の上、
「往復はがき」「ホームページの申込みフォーム」「直接来館(アートフォーラムあざみ野2階事務室)」のいずれかでお申込みください。

  • ・複数のプログラムに参加ご希望の方は、お手数ですが別々にお申込みください。
  • ・視覚に障がいがある方で、上記の方法でのお申込みが難しい場合はご相談ください。
  • ・締切を過ぎても定員に満たない場合は先着順で電話申込を受け付けます。
  • ・提供された個人情報は今回の事業実施のためだけに使用し、その他の目的で使用することはありません。

《必要事項》

  • 「ご希望のプログラム名」
  • 「名前(ふりがな)」
  • 「住所」
  • 「年齢か学年」
  • アートなピクニックにお申込みの方は
    「視覚障がいの有無」
    「送迎の希望の有無」

【保育について】

「保育あり」のプログラムにご参加の方は、プログラム時間中に主催事業保育料金にて1階の保育室(予約制、対象年齢:1歳6ヶ月~未就学児)をご利用いただけます。詳細はアートフォーラムあざみ野「子どもの部屋」(Tel. 045-910-5724)までお問合せください。

宛先・お問合せ

横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-17-3 アートフォーラムあざみ野 内
Tel. 045-910-5656 Fax. 045-910-5674

Inquiry

Yokohama Civic Art Gallery Azamino [Yokohama Arts Foundation]
Art Forum Azamino, 1-17-3 Azamino-Minami, Aoba-ku, Yokohama, Kanagawa, JAPAN 225-0012
Tel. +81-45-910-5656 Fax. +81-45-910-5674