企画展シリーズ

あざみ野コンテンポラリー vol.10 しかくのなかのリアリティ

あざみ野コンテンポラリー vol.10 しかくのなかのリアリティ
Azamino Contemporary vol.10 Reality in a Square

  • 加茂 昂 Kamo Akira
  • 水野 里奈 Mizuno Rina
  • 横野 明日香 Yokono Asuka
  • 松本 奈央子 Matsumoto Naoko
  • 山岡 敏明 Yamaoka Toshiaki
  • 20191012日[土]-114日[月・休]
    休館日 10月28日[月]
  • 横浜市民ギャラリーあざみ野 展示室12
  • 開場時間 10:00 – 18:00 入場無料
  • 主催 横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
    助成 芸術文化振興基金公益財団法人 花王 芸術・科学財団
    協力 キリンビール株式会社
  • Beyond2020
  • Period: October 12 [Sat]-November 4 [Mon], 2019
    Closed: October 28 [Mon]
  • Venue: Yokohama Civic Art Gallery Azamino
  • Opening Hours: 10:00-18:00
  • Admission Free
  • Organized by: Yokohama Civic Art Gallery Azamino [Yokohama Arts Foundation]
  • Supported by: Japan Arts Fund, The Kao Foundation for Arts and Sciences
  • In Cooperation with: Kirin Brewery Company, Ltd.

[関連イベント]

アーティストトーク#2

終了しました。

10月19日[土]
13:00-14:00 加茂昂
14:10-15:10 松本奈央子
会場 3階アトリエ
定員 80名程度
※参加無料、要事前申込(先着順)
※保育あり

水野里奈+山岡敏明アーティストトーク緊急開催!

※10/13(日)台風19号の影響で中止となった2名のアーティストによるトークは、下記の日程で開催いたします。

11月4日[月・休]
15:00-16:00 水野里奈
16:10-17:10 山岡敏明
会場 3階アトリエ
定員 80名程度
※参加無料、申込不要

アートなピクニック
―視覚に障がいがある人とない人が共に楽しむ鑑賞会

スタッフや参加者同士の会話を通して展示作品を楽しみながら鑑賞するツアーです。障がいの有無にかかわらず、どなたでもご参加いただけます。

10月26日[土]14:00-16:00
会場 展示室1・2
定員 10名
締切 10月19日[土]
※参加無料、要事前申込(応募者多数の場合抽選)
※最寄のあざみ野駅までお迎えが必要な方は申込時にご相談ください。
※保育あり

学芸員によるギャラリートーク

10月20日[日]
14:00-14:30
会場 展示室1・2
※参加無料、申込不要

本展は、美術という枠や社会的評価にとらわれず、様々なジャンルのアーティストが行っている表現活動に目を向けたシリーズ展「あざみ野コンテンポラリー」の第10回として開催します。今回は、絵画表現のアクチュアリティをテーマに、絵画を表現手段としている5人のアーティストによるグループ展を開催します。
本展では、絵画の外の世界にある「現実」をスタート地点として、制作に向き合うアーティストの個々の行為としての現在の絵画を捉える機会としたいと思います。出品アーティストたちは、日々更新される現実から絵画が乖離することがないよう苦心し、絵画の内と外の緊張関係ともいえる距離感を保ちつつ表現活動を続けています。一方で、今日メディアやネット上に流通する数多くのイメージに曝されているわたしたちは、アーティストの手によって画面に残された痕跡から、どれほどのリアリティを実感することができるのでしょうか。そもそも二次元の平面に描かれた絵画には、遠近法や明暗法といった絵画的技術によって、わたしたちが見ている視覚的な現実とは必ずしも一致しない、虚構の世界をつくりだしてきた歴史があります。
この展覧会では、絵画とリアリティ――描く行為、物質性、表現された現実、すなわちフィクショナルなリアリティをめぐる5人のアーティストたちの実践について、絵画の支持体として用いられることの多いキャンバスを“四角”になぞらえ、四角いフィールドに表現された個々のリアリティが如何に積層し、絵画の外の世界や鑑賞者と接続しているのか/接続しようとしているのか、媒体としてのアクチュアリティを問いながら、読み解いてみたいと思います。

Azamino Contemporary is a series of exhibitions that focus on the artistic practices across genres that defy the boundaries of visual art and prescriptive social norms. This 10th edition presents works by five artists, who use painting as the method to explore the actualities of painting.
The exhibition examines current works by the artists as individual gestures that stem from “realities” existing outside of painting. The artists in this exhibition attempt to keep their paintings connected to the shifting realities of the everyday, and they make continuous efforts to maintain a tension between inside and outside painting. While being exposed to a tremendous amount of images circulating on mass media and on the Internet today, how much reality can we sense in the marks and strokes left onto a surface by the artists? The history of painting also informs us its inherent pictorial techniques such as perspectives and chiaroscuro enabled artists to create fictional worlds on a two-dimensional surface, which do not necessarily correspond to the reality that we visually perceive.
By using the term “square” to refer to canvas commonly used as a support medium to paint, the exhibition aims to analyze practices of five artists to explore relationships between painting and reality –an act of painting, physicality, expressed reality, fictional reality. How do expressions of individual realities accumulate on a squared field? How do they connect / try to connect with the world outside the painting and viewers? The exhibition addresses probing questions about the actuality of painting as a medium.

山岡 敏明 Yamaoka Toshiaki

GUTIC MORPHOLOGY UPLT06/2019/油彩・ダーマトグラフ、綿布、パネル/233.4×116.7cm

加茂 昂 Kamo Akira

境界線を吹き抜ける風/2019/油彩、キャンバス/259×194cm photo: Yanagiba Masaru

横野 明日香 Yokono Asuka

静物/2018/油彩、キャンバス/194×130cm

松本 奈央子 Matsumoto Naoko

die Kiefern / 松/2018/油彩、キャンバス/70×60cm

水野 里奈 Mizuno Rina

川に机/2014/油彩・ボールペン、キャンバス/181.8×227.3cm

作家プロフィール

加茂 昂 Kamo Akira [Lives and Works in Saitama]

1982年東京生まれ。2010年東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。 3.11後、「絵画」と「生き延びる」ことを同義に捉え、心象と事象を織り交ぜながら「私」と「社会」が相対的に立ち現われるような絵画作品を制作する。主な個展に「境界線を吹き抜ける風」(LOKO GALLERY/東京、2019)、「追体験の光景」(原爆の図丸木美術館/埼玉、2018)、「その光景の肖像」(つなぎ美術館/熊本、2017)など。主なグループ展に「星座を想像するように―過去、現在、未来」(東京都美術館/東京、2019)など。

Born in Tokyo in 1982. Kamo Akira completed Graduate School of Fine Arts, Tokyo University of the Arts ,majoring in Painting in 2010. After the 3.11 earthquake, Kamo began to approach “painting” as a synonym of “survival”. By weaving together imaginations and actual events, he creates paintings that visualize “I” and “society” in relation to each other. Selected solo exhibitions include: “Wind Blowing Through Boundary” (LOKO GALLERY, Tokyo, 2019), “Vicarious Scene” (Maruki Gallery for The Hiroshima Panels, Saitama, 2018) and “Portrait of the Scene” (Tsunagi Art Museum, Kumamoto, 2017). Selected group exhibition include: “Past, Present, Future – Like Imagining a Constellation” (Tokyo Metropolitan Art Museum, Tokyo, 2019).

水野 里奈 Mizuno Rina [Lives and Works in Aichi]

1989年愛知県生まれ。2014年多摩美術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻油画領域修了。主な個展に「思わず、たち止まざるをえない。」(ポーラミュージアムアネックス/東京、2019)、「ARKO2017 水野里奈」(大原美術館/岡山、2017)など。主なグループ展に「Eyes & Curiosity—Flowers in the Field」(Mizuma Gallery/シンガポール、2019)、「片山正道的百科全書」(東京オペラシティアートギャラリー/東京、2017)、「あいちトリエンナーレ2013」企画コンペ(ARTISANビル/愛知、2013)など。主な受賞にVOCA奨励賞(2015)など。

Born in Aichi in 1989. Mizuno Rina completed Graduate School of Tama Art University, majoring in Oil Painting in 2014. Selected recent solo exhibitions include: “Without thinking, stopped” (Pola Museum Annex, Tokyo, 2019) and “ARKO 2017 Rina MIZUNO (Ohara Museum of Art, Okayama, 2017). Selected group exhibitions include: Eyes & Curiosity—Flowers in the Field (Mizuma Gallery, Singapore, 2019), “The Encyclopedia of Masamichi Katayama ‘Life is hard…Let’s go shopping.’” (Tokyo Opera City Art Gallery, Tokyo, 2017) and Aichi Triennale 2013 (ARTISAN-building, Aichi, 2013) as winner of the planning competition. Selected award include: Mention award for VOCA 2015.

横野 明日香 Yokono Asuka [Lives and Works in Aichi]

1987年愛知県生まれ。2013年愛知県立芸術大学大学院美術研究科博士前期課程油画・版画領域修了。2015年第30回 ホルベイン・スカラシップ奨学生。主な個展に「組み合わせ」(See Saw gallery+hibit/愛知、2018)、「不自由なしかく」(GALLERY ZERO/大阪、2018)、「TERRAIN」(GALLERY ZERO/大阪、2017)など。主なグループ展に「現代美術の展望-―新しい平面の作家たちVOCA 2016」(上野の森美術館/東京、2016)、「絵画の在りか」( 東京オペラシティアートギャラリー/東京、2014)など。

Born in Aichi in 1987. Yokono Asuka completed Graduate School of Fine Arts, Aichi University of the Arts, majoring in Oil Painting and Woodcut Printing in 2013. She received The 30th HOLBEIN Scholarship in 2015. Selected recent solo exhibitions include: “Combination” (See Saw gallery+hibit, Aichi, 2018), “Inconvenient Sight” (GALLERY ZERO, Osaka, 2018) and “TERRAIN” (GALLERY ZERO, Osaka, 2017). Selected group exhibitions include: “The Vision of Contemporary Art 2016” (The Ueno Royal Museum, Tokyo, 2016) and “The Way of PAINTING” (Tokyo Opera City Art Gallery, Tokyo, 2014).

松本 奈央子 Matsumoto Naoko [Lives and Works in Saitama]

1987年栃木県生まれ。2012年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。2017-2018年文化庁新進芸術家海外研修員としてミュンスター芸術大学(ドイツ)クラウス・メルケル教授に師事。主な個展に「on the way」(ミュンスター芸術大学/ミュンスター、2018)、グループ展に「広くて静かで頭の働く場所」(フォーラム・アート・ショップギャラリー/東京、2015)、「素晴らしい人」(アキバタマビ21/東京、2014)など。主な受賞歴として、福沢一郎賞(2012)、トーキョーワンダーウォール賞(2011)など。

Born in Tochigi in 1987. Matsumoto Naoko graduated from Tama Art University, majoring in Oil Painting in 2012. Scholarship student in Prof. Klaus Merkel’s class at Academy of Fine Arts Muenster, Germany, 2017-2018, with the grant for “ the Program of Overseas Study for Upcoming Artists” awarded by the Agency for Cultural Affairs of the Japanese government. Selected recent exhibitions include: “on the way” (Academy of Fine Arts Muenster, Muenster, 2018), “An open place. A quiet place. A stimulating place.” (Forum Art Shop Gallery, Tokyo, 2015), and “Wonderful People” (Akibatamabi21, Tokyo, 2014). Awards won: Fukuzawa Ichiro Award (2012) and Tokyo Wonder Wall Award (2011).

山岡 敏明 Yamaoka Toshiaki [Lives and Works in Osaka]

1972年 大阪府生まれ。1995年 東京造形大学卒業。ある種の示唆的な構造を孕んだフォルムの総体を「GUTIC(グチック)」と仮称し、現実と地続きの世界に「あったかもしれない可能性」としてのカタチを偏執的に探り続ける。主な個展に「STREET GUTIC STUDIO」(STREET GALLERY/兵庫、2019)、「GUTIC i was born」 (Gallery PARC/京都、2017)、「GUTIC STUDY」 (ギャラリー・ハシモト/東京、2017)など。主なグループ展に「アートプログラム青梅」(BOX KI-O-KU/東京、2012)、「Mirage」(同志社大学/京都、2009)など。

Born in Osaka in 1972. Yamaoka Toshiaki graduated from Tokyo Zokei University in 1995. He temporarily names the aggregation of the forms, which have a kind of suggestive structure, as “GUTIC”, and continues to obsessively search for such forms as “the possibility that may have existed” in the real world. Selected recent solo exhibitions include: “STREET GUTIC STUDIO” (STREET GALLERY, Hyogo, 2019), “GUTIC i was born” (Gallery PARC, Kyoto, 2017) and “GUTIC STUDY” (GALLERY HASHIMOTO, Tokyo, 2017). Selected group exhibitions include: “10th ART PROGRAM OME” (BOX KI-O-KU , Tokyo, 2012) and “Mirage” (Doshisha University, Kyoto, 2009).

出品作家インタビュー

【イベントのお申込方法】

「ホームページの申込みフォーム」「直接来館(アートフォーラムあざみ野2階事務室)」のいずれかでお申込みください。

  • ・複数のプログラムに参加ご希望の方は、お手数ですが別々にお申込みください。
  • ・視覚に障がいがある方で、上記の方法でのお申込みが難しい場合はご相談ください。
  • ・締切を過ぎても定員に満たない場合は先着順で電話申込を受け付けます。
  • ・提供された個人情報は今回の事業実施のためだけに使用し、その他の目的で使用することはありません。

【保育について】

「保育あり」のプログラムにご参加の方は、プログラム時間中に主催事業保育料金にて1階の保育室(予約制、対象年齢:1歳6ヶ月~未就学児)をご利用いただけます。詳細はアートフォーラムあざみ野「子どもの部屋」(Tel. 045-910-5724)までお問合せください。
※2ヶ月~1歳5ヶ月児の保育についてはご相談ください。

【宛先・お問合せ】

横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-17-3 アートフォーラムあざみ野 内
Tel. 045-910-5656 Fax. 045-910-5674

【Inquiries】

Yokohama Civic Art Gallery Azamino [Yokohama Arts Foundation]
Art Forum Azamino, 1-17-3 Azamino-Minami, Aoba-ku, Yokohama, Kanagawa, JAPAN 225-0012
Tel. +81-45-910-5656 Fax. +81-45-910-5674