あざみ野コンテンポラリー vol.12 對木裕里 ばらばらの速度

あざみ野コンテンポラリー vol.12
對木裕里 ばらばらの速度
Azamino Contemporary vol.12 Tsuiki Yuri: Where varied speeds resonate
  • 出品作家|對木裕里 Tsuiki Yuri
  • 2021109日[土]-1031日[日]
  • 横浜市民ギャラリーあざみ野|展示室1
  • 休館日|10月25日[月]
  • 開場時間|10:00-18:00
  • 入場無料
  • 主催|横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
  • 助成|ARTS for the future!野村財団
    協力|城西国際大学メディア学部
*新型コロナウィルス感染症対策のため、
施設の状況についてはコチラをご確認のうえお出かけください。
  • Period: October 9 [Sat]-October 31 [Sun], 2021
  • Venue: Yokohama Civic Art Gallery Azamino
  • Closed: October 25 [Mon]
  • Opening Hours: 10:00-18:00
  • Admission Free
  • Organized by: Yokohama Civic Art Gallery Azamino [Yokohama Arts Foundation]
  • Supported by: ARTS for the future!, Nomura Foundation
  • In Cooperation: Josai International University
Beyond2020

初めてさわる 2018年 石膏、油彩、ジャガイモ 35×64×6.5cm

美術という枠や社会的評価にとらわれず、様々なジャンルのアーティストによる表現活動に目を向けたシリーズ展「あざみ野コンテンポラリー」。第12回は彫刻家・對木裕里による個展を開催します。
對木は、当たり前とされている景色の成り立ちについて関心を寄せ、人や場所や時代が「もの」にどのような意味付けをしているのかを考察し、意味が転換する瞬間をかたちにした彫刻に取り組んでいます。對木の彫刻は、有機的で不可思議な形状の面白さ、唐突にも感じられる素材の組み合わせ、パステルカラーによる彩色を特徴としています。一見すると粘土を手で造形したままのかたちのようですが、水粘土で原型をつくり石膏で型取りをするという少し手間のかかるプロセスで制作しています。石膏のほか木材や石、ブロンズ、粘土、紙、カラービニール、時にはジャガイモや冬瓜といった野菜など様々な素材を用いて、作家にとってリアリティのある手触りやかたち、量感を求めた実験的な作品を数多く生み出しています。對木は本展の構想にあたり、「人の記憶は身体性によって結ばれ、何かを見て、何かを思い出す。ばらばらなモノは身体によってつながる」といいます。本展では「ばらばらの集合体としてつくられた彫刻」を創作の手がかりとした未発表の新作を中心に、ちょっとナンセンス、かつ不思議なダンスに誘うような展示空間に挑戦します。ぜひ心と身体をやわらかくしてお楽しみください。

對木 裕里|ついき・ゆり

1987年、神奈川県箱根町出身。2009年、武蔵野美術大学造形学部彫刻学科卒業。2011年、京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了。 近年の主な個展に、2021年「對木裕里展 手のたび では いっておいで」神奈川県民ホールギャラリー(神奈川)、「みぞおちの石」ギャラリーNEW新九郎(神奈川)、2020年「VOIDはひとつのMASSになる」VOID A PART(滋賀)、 2019年「玉と敷物」switch point(東京)、2017年「對木裕里展」板室温泉大黒屋(栃木)、「ざらざら」gFAL武蔵野美術大学(東京)、2015年「左みずうみ」Alainistheonlyone(東京)、2014年「分け入って、分け入って」古書まどそら堂(東京)など。
作家画像

longing for #1 2020年 石膏、グレープフルーツ 40×89×13cm

[関連イベント]※要事前申込(先着順)

アーティスト・トーク

出演|對木裕里(出品作家)
聞き手|佐藤直子(担当学芸員)
日時|10月9日[土]15:00-16:00
会場|3階アトリエ
定員|40名
参加費|500円(当日支払)

※保育あり

対談

出演|對木裕里、森啓輔(千葉市美術館学芸員)
日時|10月30日[土]15:00-16:30
会場|3階アトリエ
定員|40名
参加費|500円(当日支払)

※保育あり

ワークショップ
「石と、石と全然ちがうもののレリーフ」

ファシリテーター|對木裕里
日時|10月23日[土]14:00-16:00
会場|3階アトリエ
対象・定員|小学生以上・15名
参加費|1,000円(材料費込、当日支払)

※保育あり

参考写真

目玉とヒザが全然違うように、私たち自身も、私たちの世界も、全然違うものが隣り合っています。今回は皆さんがどこかで拾った石と、それと全然違うな~と思うものを隣り合わせて置いてみましょう。並べて石膏で固めて壁掛けレリーフを作ります。

持ち物

どこかで拾った石
お肉などが入っている食品トレー ※レリーフ作りのフレームになります
石と全然違っていて、レリーフに入れてみたいもの(あれば)※入れたら取り出せません。
エプロン(または汚れても大丈夫な服装でご参加ください。)

※イベントはやむを得ない事情により、変更・中止になる場合があります。

【保育について】

「保育あり」のプログラムにご参加の方は、プログラム時間中に主催事業保育料金にて1階の保育室(予約制、対象年齢:1歳6ヶ月~未就学児)をご利用いただけます。詳細はアートフォーラムあざみ野「子どもの部屋」(Tel. 045-910-5724)までお問合せください。
※2ヶ月~1歳5ヶ月児の保育についてはご相談ください。

出品作家インタビュー

green finger 2018年 モルタル、縄、油彩 50×23×3cm

【お問合せ】

横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野南1-17-3 アートフォーラムあざみ野 内
Tel. 045-910-5656 Fax. 045-910-5674
E-mail:info@artazamino.jp

【Inquiries】

Yokohama Civic Art Gallery Azamino [Yokohama Arts Foundation]
Art Forum Azamino, 1-17-3 Azamino-Minami, Aoba-ku, Yokohama, Kanagawa, JAPAN 225-0012
Tel. +81-45-910-5656 Fax. +81-45-910-5674
E-mail:info@artazamino.jp