伊藤キム ユースダンスワークショップ2007

「伊藤キム ユースダンスワークショップ」開催しました


ws_03

2007年9月22日のワークショップの様子

ws_04

2007年9月22日のワークショップの様子

ws_02

2008年1月13日のワークショップの様子

ws_01

2008年1月13日のワークショップの様子


内容● アートフォーラムあざみ野は中高生とその年齢の方を対象に2007年9月と2008年1月にユースダンスワークショップを開催しました。 世界的に活躍する振付家・ダンサーの伊藤キムさんを講師に迎え、9月にはからだの力を抜いてお互いを人形のように扱ったり、 階段を転がったりする動作に挑戦しました。 1月には二人一組になってお互いの目を見たりそらしたり、距離やスピードを変えたり動きをまねたり止まったり、 という動きのバリエーションで短いフレーズを作り発表をしました。参加者のみなさんからは「ダンスに対する見方が変わった」、 「今まで意識して体を動かしていたけれど、それをとり除くことで今まで自分が思いつかなかったおもしろい動きが生み出せることに気がついた」 などの声が上がり、それぞれに新しい発見ができたようです。 また、講師の伊藤キムさんが市内5校の学校に出張し、お昼休みや放課後にダンスパフォーマンスを繰り広げた 「ダンスジャックツアー2007」の様子が こちらから>>ご覧いただけます。

講師●伊藤キム(ダンサー・振付家) アシスタント:西舘典子(「輝く未来」)
日時●①9月22日(土) 14:00-16:00 ②2008年1月13日(日) 14:00-17:00
参加者数●①中学1年生〜高校3年生 計9名 ②中学1年生〜高校3年生 計15名
会場●アートフォーラムあざみ野 健康スタジオ
対象●中学生・高校生とその年齢に相当する方
定員●各回16名
参加費●各回1,000円
主催●アートフォーラムあざみ野(横浜市民ギャラリーあざみ野・男女共同参画センター横浜北)
お問い合わせ●横浜市民ギャラリーあざみ野 TEL 045-910-5656


<講師略歴> 伊藤キム [いとう・きむ] 振付家・ダンサー。1987年、舞踏家・古川あんずに師事。 90年ソロ活動を開始。95年ダンスカンパニー「伊藤キム+輝く未来」を結成。 96年『生きたまま死んでいるヒトは死んだまま生きているのか?』でフランス・バニョレ国際振付賞を受賞。 01年『Close the door, open your mouth』および『激しい庭』で、第一回朝日舞台芸術賞寺山修司賞を受賞。 05年「愛地球博」の前夜祭パレードで総合演出をつとめる。同年、白井剛氏とのデュオ『禁色』(原作・三島由紀夫)を発表。 kim_02

photo : 山口 遊

また劇場作品だけでなく、パブリックスペースの階段を使った『階段主義』や、学校や美術館などを使った作品も多い。 作品では、根源的なテ−マとして「日常の中の非日常性」を、風刺と独特のユ−モアを交えて表現している。 05年から06年にかけ、バックパックを背負って半年間の世界一周の旅に出る。07年春より「伊藤キム+輝く未来」から 「輝く未来」にカンパニー名称を変え、新たな形態でカンパニーを再始動した。現在、横浜市在住。
公式HP http://kimitoh.com>>

参加アーティスト

伊藤 キム(いとう きむ)

振付家・ダンサー。1987年、舞踏家・古川あんずに師事。90年、ソロ活動を開始。95年、ダンスカンパニー「伊藤キム+輝く未来」を結成。96年、『生きたまま死んでいるヒトは死んだまま生きているのか?』でフランス・バニョレ国…