フェローアートギャラリーシリーズ

Fellow Art Gallery vol.7 第1期 「栗原和秀 展」

【アーカイブ】


展示風景

展示風景

展示風景


展示風景

展示作業中の栗原さん

栗原さん(左)と横山さん(右)

「工房集(こうぼうしゅう)」は、埼玉県川口市にある社会福祉施設。たくさんのアーティストが活動していますが、今回はそのなかから2期にわけ、栗原和秀さん、横山涼さんのお二人の立体作品をご紹介しました。
第1期「栗原和秀 展」では、明るい陽射しが降りそそぐラウンジに、栗原さんのカラフルな作品がとても映えていました。壁面にはレリーフの作品と、小さなブロックの組み合わせでできた作品を展示。展示ケースでご紹介している作品は、栗原さんご自身が並べてくださいました。どれも、見れば見るほどいろんなものに見えてくるとても楽しい作品で、夏らしいさわやかな展示となりました。




Fellow Art Gallery vol.7
工房集の作家たち
第1期 「栗原和秀 展」

2012年7月14日(土)~9月16日(日)
9:00~21:00

※7月23日(月)、8月27日(月)休館


会場:アートフォーラムあざみ野 2階ラウンジ(無料スペース)

主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)


埼玉県川口市の社会福祉施設「工房集」から二人のアーティストを2期に分けてご紹介します。大小さまざま、カラフルな木のブロックを組み合わせたり、数字を描いたり!第1期は、見る人によって不思議と色んなものに見えてくる栗原和秀の作品です。

ギャラリーの名称「Fellow(意味:なかま)Art」は、誰もが障がいのあるなしで区別されることなく、同じ地平で認め合える豊かな関係性が築かれることを願って名づけたものです。


工房集 (こうぼうしゅう)
2002年埼玉県川口市にオープン。様々な障がいを持つ人がそれぞれの表現活動に取り組んでおり、施設内ではギャラリーでの展示やグッズ販売も行っている。
http://kobo-syu.com/


photo:今井紀彰

参加アーティスト

栗原 和秀(くりはら かずひで)

1983年生まれ。2003年浦和太陽の家の表看板を皆で作ったことをきっかけに木工の仕事を始め、カラフルな木のパーツを昆虫採集の標本のように自由に貼り付けていく作品をつくる。2009年頃から木のパーツに動物や乗り物の絵を描…