フェローアートギャラリーシリーズ

Fellow Art Gallery vol.19 中道一輝 展

【アーカイブ】

展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato

展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato
展示風景 photo:Ken Kato




Fellow Art Gallery フェローアートギャラリー

vol.19 中道一輝 展


2015年105 日(月)~ 19 日(土)

9:00~21:00

※10月26日(月)、11月23日(月)、12月28日(月)~ 1月3日(日)休館

会場:アートフォーラムあざみ野 2階ラウンジ(無料スペース)
主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)


《消火器》2013年 / サインペン・クーピーペンシル・紙

《ハカリ》2013年 / サインペン・クーピーペンシル・紙

《考える人》2013年 / サインペン・クーピーペンシル・紙

左 :《消火器》2013年 / サインペン・クーピーペンシル・紙
右上:《ハカリ》2013年 / サインペン・クーピーペンシル・紙
右下:《考える人》2013年 / サインペン・クーピーペンシル・紙


川崎のセルプ宮前こばとで創作活動に取り組む中道一輝によるユニークな絵画作品を紹介します。対象を真剣に見つめ、細部まで集中して描かれた画面は、とても面白く、ついつい凝視してしまいます。


ギャラリーの名称「Fellow(意味:なかま)Art」は、誰もが障がいのあるなしで区別されることなく、同じ地平で認め合える豊かな関係性が築かれることを願って名づけたものです。

中道一輝

中道 一輝(なかみち かずき)

1987年生まれ、神奈川県在住。3年半位前から本格的に絵画の取り組みを始める。週1回2時間半の絵画活動では、机に座ると同時に物凄い集中力で迷いなく1枚の静物画を描ききる。細かい模様や小さな文字に魅力を感じる様でモチーフを凝視。その間、手元のペン先は動いており、全てを写し取っている。そして完成した作品には、彼独特の圧縮された世界感が広がっている。

〔受賞歴〕
2013年 ポコラート全国公募展 vol.3 入選
2014年 ポコラート全国公募展 vol.4 保坂健二朗賞 受賞
    アール・ブリュット全国作品公募 入選


〔施設紹介〕
 セルプ宮前こばと

セルプ宮前こばとは、川崎市宮前区の知的障がいを持つ方々が通所する生活介護事業所です。現在約38名の方が通所しています。ゆったりとした時間の中で、仕事や個別の課題、散歩等をして過ごしています。その他絵画や音楽、習字などの創作活動も行っています。


参加アーティスト

中道 一輝

中道 一輝(なかみち かずき)

1987年生まれ、神奈川県在住。3年半位前から本格的に絵画の取り組みを始める。週1回2時間半の絵画活動では、机に座ると同時に物凄い集中力で迷いなく1枚の静物画を描ききる。細かい模様や小さな文字に魅力を感じる様でモチーフを…