フェローアートギャラリーシリーズ

Fellow Art Gallery vol.34
伊藤有里 展

【アーカイブ】

展示風景
photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato
展示風景
photo: Ken Kato




        

Fellow Art Gallery フェローアートギャラリー


2019年427 日(土)~ 721 日(日)

9:00~21:00

※5月27日(月)、6月24日(月)休館

会場:アートフォーラムあざみ野 2階ラウンジ(無料スペース)
主催:横浜市民ギャラリーあざみ野(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)



チューリップ
《チューリップ》2016年
 紙、折り紙、液体のり


箱根駅伝
《箱根駅伝》2017年 
 紙、折り紙、液体のり
虹とラベンダー畑
《虹とラベンダー畑》2018年 紙、折り紙、液体のり

川崎の「厨房じんべい」で調理を担当しながら創作活動を続けている伊藤有里の「ちぎり絵」による作品をご紹介します。観光名所や祭りの情景、丼ものメニュー、大学駅伝のユニフォームなどをモチーフに、細かくちぎった色紙を丁寧に台紙に貼りあわせた力作をお楽しみください。


ギャラリーの名称「Fellow(意味:なかま)Art」は、誰もが障がいのあるなしで区別されることなく、同じ地平で認め合える豊かな関係性が築かれることを願って名づけたものです。

伊藤 有里(いとう ゆり)

1986 年生まれ。作業の一つである調理作業(お弁当・給食の製造)を希望。持ち前の集中力と理解力の高さから、高い技術力を習得し調理にはなくてはならない存在となった。余暇では趣味も多く、ビーズアクセサリー・ちぎり絵・漫画制作などに日々取り組んでいる。ちぎり絵は、その細かさ、配色、構図など年々完成度を増している。ちょっとでも時間があると、自分のバッグから「ちぎり絵セット」を取り出して、黙々と作り始める。


厨房じんべい

平成29年10月より『分場厨房じんべい』は、川崎市宮前区犬蔵1丁目に引っ越し、新築の建屋で気持ちも新たに事業を開始、平成30年4月より、『厨房じんべい』としてオープンしました。厨房じんべいでは調理作業の他、受託作業や自主製品の製作活動、運動を行っています。絵画活動などの創作活動にも積極的に取り組んでいます。



参加アーティスト

伊藤 有里(いとう ゆり)

1986 年生まれ。作業の一つである調理作業(お弁当・給食の製造)を希望。持ち前の集中力と理解力の高さから、高い技術力を習得し調理にはなくてはならない存在となった。余暇では趣味も多く、ビーズアクセサリー・ちぎり絵・漫画制…